書類選考で落ちるフリーター

年齢別転職

書類選考で落ちるフリーターの原因と対策!【成功する人と失敗する人はココが違う】

更新日:


参考ハローワーク以外の求人活動!【検索サイト・転職エージェントの使い分けとは?】

書類選考で落ちるフリーター

フリーターから社員を目指そうと企業へ応募しても書類選考で落とされてしまうといったことはないでしょうか。何度か応募して、全滅だとだんだんとやる気も失ってきますよね。
対象の方
このサイトは、以下の方が対象です。

対象の方

  • フリーターから就職
  • 書類選考で落とされる
  • 社員として働きたい
  • 落ちる原因が分からない
  • 就職活動の方法を知りたい
  • 自信を失っている
  • フリーターを辞めたい

ここからは、現状を受け止めて、フリーターとしてどう就職していくことが成功につながるかご紹介していきます!

書類選考に落ちる理由

書類選考に中々通過しない、その落ちてしまう理由・・・。これは、とてもシンプルです。他の方の応募と比較された結果です。

 

フリーターであることは、世間から見ると、プラスよりマイナスと捉えられているんです。もちろん、仕事が実際に出来る人だとしても・・。ですので、フリーターから正社員社員、契約社員、派遣社員を目指す場合は、誰もがやっているような転職活動をしないことです。

 

例えば、根拠なく、なんでもかんでも手当たり次第に応募すると時間だけがが掛かかってしまい、どこも書類通過しないことになってしまいます。通過しないので、自信がなくなっちゃうんですよね。

 

また、正社員になる気持ちが強いばかりに、全て正社員の求人ばかり探して、書類選考で落とされる場合もあります。これらも、段取りが間違っているからなんです。書類の書き方以前の問題なんです。

 

企業側がどんな人材を求めているのか、また、自分が何ができるのかを知らないと、背伸びだけして、先に進まないことになってしまうんです。

 

気が動転している状態で、バッターボックスに入って、いきなりホームランを狙おうとするから、空振りするんです。プロの球を甘く見てはなりません。そうではなく、まずは、小さなヒットを積み重ねていくことが成功に近づきます。

まともに勝負しない

フリーターで、就職活動する場合、当然、他の就職希望者も多くいますよね。例えば、新卒、第二新卒者、中堅社員など、多くの方が就活、転職活動をしています。その中で、まともに勝負したら、どうなるか?下のグラフを見てください。

フリーターを評価しない理由
出典元:中小企業庁 日本社会の活力と中小企業

つまり、仕事が出来る出来ないは全く関係がない、仕事が出来る優秀なフリーターであっても、このように初めから見られるわけです。「梅干し」を思浮かべて・・・。口の中に唾液が自然に出てくるのと同じ感覚ってことです。

 

例えば、この結果をみると、いつ辞めるか分からない、責任感がない、意識に対する教育が必要といったことは、未来の話ですよね。本当に当てはまるか分かりません。同じく、新卒社員や転職する中堅社員にも同じことが言えるわけです。

 

でも、フリーターという言葉だけで、新入社員以下の評価を企業がしているということです。つまり、フリーターであることを前面に出して就職活動するのは、あまり得策でないということです。つまり、まともに勝負しないことが大切です。

 

ここからは、フリーターの取るべき活動方法をご紹介していきます。

成功者は行動が違う

フリーターは、企業の採用担当者からみると、マイナスとして見られる場合がほとんどです。ただ、全ての企業がそうかというと、必ずしもそうとは限りません。

 

中には、フリーターの方の採用実績があり、仕事に大きく貢献している社員さんが多く在籍している企業もあります。つまり、フリーターをプラスとして評価している企業を見つければ、書類選考も通過し易くなりますよね。

 

では、どのようにして見つけるのか?これを、一人で求人検索しながら探していくと、日が暮れてしまいます。ですので、フリーターを積極採用する企業が集まる場所を利用します。

 

それがフリーターに強い転職エージェントサービスです。そこには、フリーターをプラスとして評価してくれる企業が集中して集まっています。そこを狙います。フリーターであることがハンデにならないので、当然、書類選考が通過し易くなります。

 

そんな、フリーターにとって、強い見方になってくれる企業が集まっている転職エージェントがあります。それが、以下です。

就職Shop

就職Shopは、フリーターの方をマイナス面でとらえていません。つまり、過去にフリーターを採用し、活躍している実績のある会社さんが集まっています。だから、就職Shop経由で応募すると、書類通過率100%(書類選考なし)です。

では、どこを評価するのか?そこは、「やる気」です。もちろん、ビジネスマナーは持っている必要はありますが、第二新卒と比べても遜色なく評価してくれます。

採用は、面接のみなので、必ずここは押さえておくべきエージェントです!
>>書類選考なしの就職Shopはコチラ。

 

書類選考がないのは、落とす理由がないからです。書類選考が必要なのは、落とすための口実でもあるんです。言い方は悪いですが・・・。書類選考は、最初から必要なステップと企業が予めも受けているステップなんですよね。

 

だから、書類選考で落とされる理由は、「フリーターだから」といった企業も多くあります。理由になっていませんよね、納得いきませんが・・。だから、履歴書の書き方やPRの仕方ばかりに時間を掛けていたら、全く進まなくなってしまうんです。時間は大切に!

30代のフリーターはどうすべきか?

ステップアップ

就職Shopなどでは、フリーターの中でもほぼ90%が20代です。30代は、少数派です。では、30代のフリーターはどう就職活動すれば良いか悩んだことはないでしょうか。

 

もちろん、就職Shopで登録が出来れば、ひとまず安心ですが、登録も出来なかった場合の対策をご紹介します。ここからは、戦略が変わります。

 

例えば、30代でフリーターで、正社員が目標としましょう。ただ、今まで見てきた通り、書類選考も通過しない確率が高いです。ですので、段階を踏んでいきます。一番まずいのが、いつまでもフリーターでいることです。

 

ですので、はずは、一番入りやすい派遣や特定派遣を狙っていきます。なぜ、派遣を狙うかというと、以下のメリットがあります。

  • 多くの仕事がある
  • 過去の経歴を重視しない傾向
  • 比較的入りやすい
  • エンドユーザーとコンタクトできる
  • 次のステップを踏み出しやすい
  • スキルが磨きやすい
  • 仕事で評価される

 

つまり、派遣でスキルや実績を身に付けた後に、正社員の道を目指すのです。一気に正社員を目指すのではなく、2段階で正社員を目指します。また、派遣は、スキルがしっかり身に付くと、フリーランスという道も開けます。

 

これは、個人事業主ですが、一般社員(正社員)の給料の2~3倍の収入が入ってきます。30代であれば、派遣期間中にスキル向上し、30代後半から40代にかけて、正社員、フリーランスの道もありますよね。

 

40代でもスキルさえ持っていれば、転職はまだ十分可能です。つまり、ロードマップはこうです。

派遣社員 ⇒ 正社員 ⇒ フリーランス

 

中卒、高卒の社長さんは沢山います。成功に過去の実績は関係ありません。フリーターだからと言って、過去に捉われる必要は全くないんです。ただ、成功している人は、次の行動にスピーディーに移っています。だから、5年経つと、年収は、数百万円は軽く違ってくるんです。

>>派遣社員の登録ならまずココです。

転職先の幅を広げたい方

転職先の幅を広げていきたいといった場合は、やはり転職エージェントの力を利用しておきたいところです。特に、業界の動向や季節、時期によって求人案件は変動するため、中には、人が羨むような案件もあります。

 

そんな時に、情報が入ってくるか入ってこないかだけでも、人生に雲泥の差がでますよね。そんな、貴重な情報入手や相談が出来るのが、以下の転職エージェントです。ただ、ここからご紹介するエージェントは、一般転職向なので、登録出来たからといって、必ずしも対応してくれるとは限りません。

 

ただ、登録して返信があれば、大きなチャンスが生まれる可能性があります。ここからは、チャンスの広がる転職エージェントをご紹介します!

 

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。

・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。
・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。
・相談する勇気が湧かない。
・早く会社は辞めたい
・将来も今の仕事を続けても意味がない。
・自分にスキルが欲しい。

この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。
ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。

もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。

なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。
プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。

もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。

>>TECH::EXPERT

年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。

期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。

転職率:99%(大手採用多い)
※転職できなければ、全額返金あり。

■デメリット
費用が月々3万円かかります。
これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。

どうしても、転職エージェントが見つからない。
断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。
※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。

未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! 多くの方は、2社程度、登録して比較しています。

リクルートエージェント

ポイント  メリット 
土日対応してくれる。
全国対応だから安心。
・最大手。取引企業が多い
・企業とのパイプも太い
・転職相談サポートが手厚い
書類通過対策に対応
面談の対策も万全
相談がしやすい
・遠距離の場合は電話相談も対応

 デメリット 
・担当者によって若干バラツキがある
 
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト


 

マイナビエージェント

ポイント

マイナビも老舗の転職支援サイトです。マイナビは、ニュースから転職まで多くのメディアを運営しており、独自の企業とのパイプも見逃せない。

 


ポイント

会社の口コミ情報がまるわかりのサイト。入社前に信頼のおける企業なのか、内部事情はどうなのか知る意味で、信頼のおける口コミを知っておいて損はないはず!迷ったらココは登録しておいて損はない人気の転職サービス。

 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!

>>人気の転職支援サイトはコチラから!

 

※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 就職Shop1.2 ジェイック1.3 ヒューレックス1.4 マイナビジョブ20's1.5 ハタラクティブ1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-年齢別転職
-,

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.