画像処理エンジニアの転職

AI

画像処理エンジニアの転職活動【仕事の探し方と失敗しない職場選びのキホン!】

更新日:

画像処理エンジニアの転職

画像処理は、人工知能やIoTなどビックデータの活用により、多くの企業で必要とされる技術になってきています。そのため、求人は増えているものの、どのような企業を探していけば良いのか迷うこともあるのではないでしょうか。
対象の方
このサイトでは、以下の方が対象です。

  • どの会社を選んだら良いか分からない
  • 年収や福利厚生で判断してしまう。
  • 伸びそうな会社を知りたい
  • 募集企業の仕事の役割が分らない
  • 今より条件のよい企業に勤めたい
  • 収入を伸ばしていきたい

ここからは、画像処理エンジニアの仕事の探し方、知っておかないと損する職場環境のご紹介をします。

AIの幕開け

画像処理の世界は、今やAIにより研究から商用の実用化が一気に進んでいます。の世界では幅広い業界へ浸透してきています。AIは、人の経験やスキル、長年かかるような技術をあっという間に成し遂げる技術です。

AIの歴史は、古く、現在は、第三次ブームと呼ばれています。

第1次ブームは、1956年の「推論と探索」という、パズルを解く研究が最初です。その後、1980年に入ると、人工知能に知識を押し込む研究が盛んになります。それが、エキスパートシステムです。これが第2次ブームです。

そして、2017年にディープラーニングのニューラルネットワークが自ら学習するという進展をとげてきました。そのディーブラーニングは、画像認識に強みをもつ技術で、物体の特徴をつかむことが出来る能力です。

 

AIは、日本語で人工知能と訳されますが、機械が目から学習するまさに知能を持った技術です。中でも、画像処理は、今や人の目に代る代替手段として活用されてきています。

 

そんな画像処理を活かした市場は広がる中、エンジニアとして、今後自分がどのような仕事に携わっていけばよいのかなど、悩むこともあるのではないでしょうか。また、5年、10年後の未来を想定しながら、次のステップとなる転職先を探していきたいところですよね。

幅広い活躍分野

ここからは、画像処理エンジニアといった場合、現場でどのような使われ方をしているのか、ご紹介していきます。

 

今は、人工知能を活用した事例が多く出てくるようになってきました。この人工知能は、データを活用した予測や音声認識などありますが、特に注目されているのが、画像認識です。

 

人工知能の技術が商用として利用されるようになってきた今、企業では、人材に代る技術として注目されています。

 

例えば、製造企業には、製造工場、食品工場があります。工場では多くの方が作業していますが、中でも、人の労力が大きい作業もあります。その1つが、目視での確認検査です。

 

目視検査は、ベルトコンベアで流れていく部品や食材などを目で確認しながら不良品を省く作業です。ただ、これは注意力が必要な作業です。そのため、ずっと集中出来るわけではありません。一般的に人間の集中力は一般的に90分が限界と言われています。

 

このような注意力が必要な業務の中で、スピードや効率、識別する精度も求められます。このような過酷な条件のもとで、人間に代る手段として画像処理が使われるようになってきているのです。

 

もし、これを全て、人間のみで対処しようとすると、以下のように多くの準備や環境が必要です。

 

・検査員のスキル向上
・検査効率・スピードアップの工夫
・要員の配置
・労働時間の調整
・集中力の妨げとなる環境を排除
・工場・職場の人間関係の問題解決
・モチベーションの維持

 

更に、精度やスピードを向上させるにしても限界があります。なぜなら、限られた予算・経費の中でおこなっていく必要があるからです。だから、このような業務を機械に代行させ、効率化することは、生産性を上げることにつながるのです。

 

画像処理エンジニアの仕事

画像処理エンジニアは、人工知能の活用が広がってきているため、多くの活躍の場があります。

 

例えば、
・業務上の問題からAIの導入を検討する企画担当。
・顧客ニーズから、実現方法を検討するコンサルティング。
・実現方法を具体化する設計業務。
・設計からプログラミングをおこなう開発エンジニア。
・開発後のシステムを運用する運用・メンテエンジニア

 

があります。技術職といっても、多くのポジションがあります。そのため、キャリアチェンジも比較的しやすいです。

 

例えば、今まではプログラミングやアルゴリズムを経験してきたから、次は、コンサルティングの経験を積むことも可能です。将来を見据え、キャリアチェンジも業務の幅を持たせる意味で面白いですよね。また、画像処理エンジニアを必要とする企業は、以下のような形態があります。

 

・製造工場等をもっている大手企業
・コンサルからプログラミングまで賄うAIに強い企業
・PythonなどAIプログラミング開発に特化した企業
・AI導入コンサル型の企業
・AI関連の自社パッケージを持っている企業

 

企業は、それぞれ他の企業にはない強みを持っています。ですので、過去の経験を活かしながら、自分の将来の方向と、企業が強みとしている方向性があっていると、転職後もスキルをぐっと伸ばすことができます。

 

例えば、将来、画像処理エンジニアの開発経験を更に積んでいきたい場合は、AIやシステムの開発製造に特化した会社で、設計プログラミングが積める会社であれば、集中してスキルが磨けますよね。

 

また、画像処理エンジニアのスキルを活かして、今後は、企業内の効率や問題解決をしたいと考えた場合は、製造工場を持っている大手企業で企画提案することができますよね。AIの導入を考えている企業に対しならば、導入を支援するコンサルティング業もも面白いでしょう。

 

画像処理エンジニアの企業の探し方

企業は、会社の成長の規模、プロジェクトの成長規模にによって、求めてくる人材が異なります。

例えば、

AIベンチャー

画像処理エンジニアとして入社した場合、他の業務も任される可能性もあります。ただ、多くの経験を積むことが出来るメリットもあります。その分、忙しさは覚悟しなければなりません。

 

工場を持っている企業

製造工場を持っている企業の場合、AIは、全体からすると一部門かもしれません。その場合、例えば、新規プロジェクトの立ち上げに画像処理のエンジニアを必要とするかもしれません。また、社内に先導するエンジニアがいない場合は、率先して社内に浸透させていく立場になるでしょう。

 

自社でAI商品を持っている会社

自社でAIの商品を持っている会社は、売れている商品、また、商品の市場を広げるため、システムを改良・改善が必要になります。その場合、人手が足りないため、要員を募集することがあります。その場合は、多くのエンジニアの中で、必要とされる技術ポジションが明確になっていることでしょう。

 

このように、
・企業側がどのような背景で募集しているのか?
・どんなサービス・商品を開発しているのか?
・職場の体制はどうか?
・求められる仕事内容は、具体的に何か?

 

といったところまで知っておくと、転職後のミスはなくなります。そして、入社後もスムーズに仕事に集中することができます。そのためには、まず、企業の動向、どんなニーズの人材を求めているのかを把握しておきたいところです。

 

画像処理エンジニアは職場環境で選ぶ

画像処理エンジニアは、専門職である以上、5年後10年後の経験の積み重ねの仕方で将来のスキル・収入が大きく左右します。そのため、職場選びも大事な検討材料の1つです。

 

例えば、あまり考えたくはありませんが、人員を募集する背景が以下のような状況だったらどうでしょう?

避けたい職場
・離職率が高い
・納期が差し迫っていて、人海戦術している。
・近い将来、部署が移転予定のため、人員が辞めた。
・今後、海外赴任をさせるための人員確保
・開発以外にも苦情処理から営業まで何でもさせられる。
・80時間以上の残業者が多く急遽、必要になった。
・休日出勤が多くメンバーで回せない。
etc・・・

逆に、

安心できる職場
・先端技術を学ぶことができる。
・同じ技術者として相談しやすい環境がある。
・学んだことを経験として蓄積しやすい。
・業務に集中できる環境で仕事ができる。
・仕事時間とプライベートの時間がしっかり両立できる。
・残業時間は、あっても多くない。
・人間関係が良好。
・サポート体制もしっかりしている。
・納得のいく給料がもらえる。
etc・・・。

 

どれも、同じ画像処理エンジニアの募集です。このように、企業側が、どのような背景で募集をしているのか、そして、現場レベルの状況や体制はどうなのかを知っておくだけでも、転職後、失敗する確率は確実に減ります。

 

画像処理エンジニアの求人探しは、indeed、enジャパン、DODAなど多くの求人募集サイトがあります。手軽さや検索のし易さでは、便利です。ただ、実際の募集背景や実際の職場環境の把握は至難の業です。

 

募集要項に書かれている内容は、企業側の一方向のもの情報です。なので、出来る限り、現場の情報を入手できる転職エージェントの活用が大きな役割を果たします。転職先を探す場合は、合わせて使うことで、転職後も安心して働くことができますよ。

 

ここからは、画像処理エンジニアの方が活用している人気の転職エージェントをご紹介します。無料ですので、ぜひ、活用していきましょう!

 

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-AI

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.