画像処理アルゴリズムエンジニア

AI

画像処理アルゴリズムの転職サイト3選【将来性と転職先の選び方】

投稿日:

画像処理アルゴリズムの転職

画像処理は、今、車の自動運転を始めとするAIや医療、工場、セキュリティと幅広い業界で注目を浴びている技術です。その中でも画像処理アルゴリズムは、オブジェクトの特徴を認識する中心的な役割を担うエンジニアです。

 

そんな将来性のある画像処理アルゴリズムエンジニアの転職先となる業界、収入、将来性、そして転職先の探し方をご紹介します。

画像処理の市場

画像処理システムの世界市場は、毎年増加しており、2020年には、1兆6千億円を超える市場と予測されています。特に、製造業の中でもFA(ファクトリー・オートメーション)が有望な市場の1つとされています。

 

以下は、マーケットリサーチ会社富士経済が予測しているグラフです。

画像処理システム関連の世界市場

モノづくりにおいて、製造業は欠かせません。特に、日本の場合、今後少子化社会に進んでいきます。つまり、全体の生産力は相対的に落ちていきます。

 

その中で、製造業における生産力を高め、高い品質を維持するためには、工場において、人がやっていた作業も自動化が必要になってきます。また、今までは安い労働力を確保するために、メーカーは海外展開してきましたが、人件費も高騰してきています。

 

つまり、日本が国際競争力を高めていくためには、生産コストを自動化によって削減していくことが求められてくる時代になってくるのです。

 

画像処理アルゴリズムエンジニア

画像処理の技術は、FA以外にも例えば自動車の自動運転にも欠かせない技術の1つになっています。その技術は、

・対象物の検出・認識
・夜間運転時の対向車のヘッドライト検出
・制限速度の標識認識
・白線の認識
・前方の車両や人間の認識

など画像センシング技術は盛んに研究されています。

自動運転 デンソー
出典元:自動運転を支えるセンシング技術(DENSO)

画像センシング技術は、例えば、交通事故の減少にも貢献する可能性も秘めています。

人間の生活を大きく変える可能性のある技術=画像処理エンジニア

自動車の安全分野

先ほどの自動車は1つの例ですが、世の中の交通事故、実際にどれくらいの件数が発生しているか、下の表を見てください。年間49万件を超える交通事故が発生しているんです。しかも、死亡事故は、5000件近い数値です。ほぼ毎年です。

 

交通事項発生件数
出典元:交通事故総合分析センター

これから、高齢化社会が進んでいきますよね。地方だと、例え高齢になっても車がないと生活できない方が多いはずです。食料を買いにいったり、高齢のご夫婦だと、どちらかが、病院や介護施設に入居していることもあるでしょう。

 

当然、お見舞いや面会にもちょくちょく行くはずです。車は生活品なんですよね。将来は、現在より高齢者が確実に増えます。そんな社会へ迎えるにあたって以下の高齢者の事故を見てください。下の図です。

 

これは、75歳以上の方が交通事故で亡くなった道路の特徴を示したグラフです。多いのは片側1車線の幹線道路です。日常の生活道路として使っていると読み取れます。

高齢者死亡事故(幅員)
出典元:公益財団法人 交通事故総合分析センター

また、その内、半数以上が、直線ではなく、カーブで事故を起こしています。最近は、白線に凹凸などで振動で分るものもありますが、車の自動認識で白線を超えないような画像処理技術があれば、事故も減ることでしょう。
高齢者死亡事故(カーブ)

自動車は、その一例ですが、画像処理は、人間の目に代わるものです。ただ、人間の目や判断には限界があります。そんな限界をカバーする強化してくれるものが、画像処理であり判断を下すアルゴリズムです。

 

少子高齢化社会=重要性が増す画像処理エンジニア

年収

画像処理アルゴリズムのエンジニアは、画像処理の中核をなす技術とあって、年収も他の技術者と比較すると年収は高めです。中には1000万円近い求人もあります。

 

ですので、求人探しをする中で、年収を上げていく場合は、研究開発や新規事業として会社としてしっかり投資している会社を選んでいきたいところです。

 

つまり、会社の戦略として画像処理技術を重要な柱として考えている企業へ転職するのです。そのため、業種業態にこだわらない方が、選択肢は広がります。画像処理技術者を採用したい企業は、転職するにあたっても業界を問わずとしている所が多いです。

 

企業へ応募する場合は企業のホームページの採用情報だけでななく、

・売上収支の何%を研究費にまわしているか?
・長期指針(方向性)
・取引先会社はどこか?
・どこからの売上が大きいのか?

などチェックしておくと、失敗は少ないです。投資家向けの決算資料が手に入れば一読しておくと非常に参考になりますよ。

転職先の探し方

積極的に募集している待遇の良い企業を探すには、大きく2つあります。

1.一般求人で探す。
2.一般求人以外で探す。

一般求人で転職先を探す場合は、indeedやenの求人サイトから勤務条件を入力して探す方法です。これは、多くの方がやっている転職先の探し方です。メリットは、いつでも好きな時に、スマホですぐ検索出来る点です。

 

もう一つが、一般求人には掲載されていない求人情報から探す方法です。これは、当然、誰もが検索して見つけられるわけではありません。転職エージェント経由で探してもらうことになります。このメリットは、お宝求人に出会える可能性がある点です。その理由は2つあります。

 

1.新規プロジェクト・研究開発案件。
⇒新規プロジェクト、研究開発の場合は、競合企業には知られないよう、水面下で求人募集をするケースがあります。
2.好待遇案件。
⇒特に、企業側が必要な人材が足りないなど、急遽増員したい場合など、社内の社員に見せないよう好条件で募集するケースがあります。

 

転職活動をするのであれば、一般求人だけで済ますのではなく、転職エージェントを活用した方が効率よく良い求人に巡り合える可能性が上がります。ここからは、その人気の転職エージェントを3社厳選してご紹介します!

 

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-AI

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.