AIエンジニア未経験

AI

AIエンジニア 未経験からの転職!【チャンスに乗り遅れるな!スタートをこれから切りたい方限定】

更新日:

参考AI転職サイト【希望の求人が見つからなかった時に見るサイト】

AIエンジニア 未経験からの転職

未経験からAIエンジニアになりたい!でも、どうすれば、AIエンジニアになれるのか?まだ分からない方も多くいるのではないでしょうか。

AIは、今や音楽も作れる時代にきています。
下はYoutubeにアップされているAIが作曲した音楽です。タイトルは、Daddy's Car。これは、「Flow Machines」というAIソフト(ソニーコンピュータサイエンス研究所)がポップス調に作曲したものです。

人間が作曲したかのかと思うくらいの出来きですね~。

AIは、音楽だけではなく、自動運転、医療、銀行、監視、株取引、VRなど多くの業界に浸透しつつあります。そんな可能性を秘めた技術だけに、注目は増してきているんです。

AIのすごさとは?

AI(人工知能)は、漢字を分解すると、人が作り出した知る能力です。ただ、この能力、人間を超える力があります。その一例が、囲碁や将棋の世界のトッププレーヤーとの対戦です。

 

例えば、2017年5月におこなわれた囲碁最強言われている中国人棋士 柯潔(か・けつ)九段とデイープマインド(囲碁AIソフト)との3番対決。3局全て囲碁AIソフトが勝利を収めました。

 

つまり、AIソフトを作った人は、囲碁のプロと対戦すれば、当然負けます。でも、AIは学習能力を持つんですよね。この学習能力は、世界のチャンピオンを超えるスキルまで上げられるということです。

囲碁 AI対戦

人間の知能の超えることができるAI

 

つまり、AIは、人間の思考を超えた結果を提示してくれるのです。

AIの基本概念

これから、AIエンジニアとして活躍していくことなりますが、AIというと、何でもできる、人間の代理になる機械というイメージが先行してしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで、ここでは、AI(人工知能)の基本概念を押さえておきましょう。AIは、知能を発揮するにあたり、最初に学習しなければなりません。これは、人間と同じですね。この学習を機会学習と言います。AIは、機械学習やディープラーニングがありますが、キーとなるポイントは、

 

特徴量

 

にあります。この特徴量を人間が決めるのか?AIが自分で決めるのかで広がり方が変わるのです。

機械学習とは?

例えば、リンゴを学習するとします。

 

では、この機会学習、何を学習するのでしょう?

 

機械にリンゴを教えるためには、「色」「形」「大きさ」「重さ」「へたの色」などありますよね。これを特徴量といいます。

特徴量とは、その対象物がもつ特徴を数値化、数式化したものです。

 

これらの特徴量を学習させるわけです。リンゴ1つでは情報が少ないので、これを大量に投入します。その中から、リンゴを識別する最適な特徴量を決定していく過程を機会学習といいます。

 

ただ、この機会学習は、人間が何を特徴量とするか決めなければならないのです。例えば、今のリンゴの場合、極端なケースですが、色だけ特徴量を指定したとしますよね。すると、大量なデータから最適な特徴量を把握できたとしても、色しか判別するものがないため、イチゴやトマトもリンゴと解釈する可能性があるんです。

 

だから、特徴量の選び方がAIの精度に大きな影響を与えることになるわけです。

機械学習:特徴量は人間が決める=AIの精度に影響

ディープラーニングとは?

機械学習は、特徴量を人が決めていました。なので、データ分析する場合は、どの項目をチョイスすれば解析できるのかなど、経験者の知恵が必要だったんです。ある意味、半分は人間が教え、半分は機械が学ぶ。これが機械学習の世界です。

 

それに対し、ディープラーニングは、この人が決めていた特徴量も機械自らが学習するモデルなんです。つまり、今までリンゴは、人が、「色」「形」「大きさ」「重さ」「へたの色」を見れば、リンゴと分るよと決めていたもの。それは、機械が担当します。

 

特徴は、機械自ら学習できる仕組み。それが、ニューラルネットワークという人間の神経細胞のようなネットワークを作り出した技術です。ニューラルネットワークでは、特徴を各階層毎に段階的に学習するようになっており、人間の認識精度を超えます。

 

AIは、このディープラーニングが未来の働き方を変えるんです。

ディーブラーニング:特徴量はAIが決める=人間を超える精度

AIエンジニアは不足する

AIエンジニアは、今や人が足りていない状況です。IT業界の中でも日々、ニュースや新聞・雑誌にどこかでほぼ掲載されている程、注目されていますよね。経済産業省によると、2020年には、4.8万人が不足(AI、IoT、ビッグデータ)すると予測されています。

AI人材不足
出典元:経済産業省(ビッグデータ、IoT、AIを担う人材)

AI(人工知能)は、IoTやビッグデータと相性もよく、この3ジャンルは、国が進めている働き方改革の主軸ともなる技術です。

AIエンジニアの基本スキル

既にIT業界で活躍していて、AIが絡む案件が増えてきているため、AIの知識も増やしていきたい、業務に対応していきたいという方もいますよね。また、AIは、書籍等で独学で勉強しているけど、理解が進まない、どのような手順で学んでいけば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

 

そのような場合は、AIエンジニアになるための、ベースとなる考え方や知識を実践に近いレベルで学べる講座を一通り学んでおくと、実際の業務に携わる時に苦労しません。

 

AIエンジニアで人気があるのが、例えば、テックキャンプですよね。コレです。1万3千円程度と割安で学べますよね。自己投資として、これでAIエンジニアのスタートを切った方も多くいるのではないでしょうか。全国対応オンラインです。
↓ ↓ ↓


↑コレ

AIの仕事はどう探す?

AIの仕事探し。求人検索してみたけど、AI関連の仕事が少ない。また、応募してみたけど、実際の業務内容はイメージと違っていた。なんてことはないでしょうか。

 

特に未経験から仕事探しは、どうしても求人情報のみだと、仕事内容のイメージがしにくかったりします。また、将来、AIを通じて自分をどう成長させていきたいのかによって、目指すべき道が変わってきます。

 

ですので、仕事を探す場合は、自分一人で探すのではなく、現在企業側でどんなAI人材を募集しているのか、業界全体の流れを把握した中でAI求人を探す方が早いです。

 

特に、業界の流れ、AI関連企業の採用担当者から情報が直接入ってくるのが転職エージェントです。こういった方の情報は、書籍やネットを探しても出てこないものが多いです。また、非公開で進めている企業募集は、転職エージェントを通じないと一生、目にする機会はないかもしれません。

 

ですので、無料で活用できるサービスは使っておいて損はないですよ。また、在職中の方であれば、早めに情報をキャッチする意味でも登録しておいて損はありませんよ。

 

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-AI

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.