AWSソリューションアーキテクト 転職

AWS

AWSソリューションアーキテクトの転職【クラウド移行のチャンスを逃すな!】

更新日:


参考AWSアソシエイトの転職!年収1000万を超えるために。

AWSソリューションアーキテクトの転職

AWSソリューションアーキテクトは、AWS認定の資格試験の1つです。

AWS認定には、設計、開発、運用の大きく3つの役割があります。AWSソリューションアーキテクトは、この内、設計を担当するスキルを持つエンジニアを指します。

今、国内では、従来のオンプレミス環境からクラウドへ移行する流れに移りつつありますよね。

オンプレミス
企業が情報システムの設備(ハードウェア、ネットワーク機器など)を持って、運用する形態。

その大きな要因の1つが、ITコストです。下図は、独立行政法人 情報処理推進機構が公表しているIT関連コストの内訳を表した円グラフです。これを見ると、開発よりも、運用・保守のコストが大きな比重を占めていることが分りますよね。

ITコスト
出典元:独立行政法人 情報処理推進機構

つまり、ITの予算を考えた場合、改善や新しいシステムを開発する以上に運用コストの方が掛かっているという事です。IT投資したい企業も一度構築してしまうと、なかなか次の開発に資金が投入できない状況でもあるんです。

ITの運用コスト

オンプレミスのIT運用コストは、以下のように分類されます。

ハードウェア運用保守費
ネットワーク障害対応、改善、セキュリティ対応、バックアップ、システム監視

定常運用
トラブル対応、監視業務、故障対応、原因究明

運用・補修
非定常的な業務(作業依頼、アプリケーションシステムのバグ、改修・仕様変更)

管理・統制業務
企画、性能管理、要員管理、サービス水準管理

ヘルプディスク
操作方法、問合せ対応

JUAS 運用コスト

出典元:一般社団法人 日本情報システムユーザー協会

ここから分ることは、自前でハードウェア・ネットワーク等を用意しているオンプレミスの場合、障害対応、監視、故障、原因究明などは、コスト削減に限界があるということです。

つまり、人件費の削減は、そう簡単ではないことが分ります。

クラウドへ移行する企業が増加

ITの運用費に人件費が多くかかっている企業は、出来る限り減らしたいのが一般的な流れです。

その中で、社内の基幹システム(統合基幹業務システム:ERP)をオンプレミスからクラウドへ乗り換えているのが急速に増えてきていることが分ります。

ERP クラウドへ移行推移
出典元:ZDNet Japan

2020年は予測値ですが、EPRの利用形態は、クラウドがオンプレミスを超えるとされてます。

AWSソリューションアーキテクトとして活躍するチャンス!

AWSは、クラウドの中でも市場占有率は、1位を独占しているサービスです。また、業界全体的にクラウドへシフトしていく流れは、始まったばかりです。

つまり、今後求められる人材は、オンプレミスからAWSに移行できる人材とも言い換えることができます。移行で必要になってくるのが、今既存で動いているシステムをAWSに乗り換えるための顧客要件を聞き取る能力でしょう。

AWSソリューションアーキテクトは、AWSの認定資格の中でも、顧客要件に基づき設計できることを証明するものです。

つまり、移行要件にはAWSソリューションアーキテクトの知識・技術が必要になってくるのです。その中には、
・費用効率
・拡張性
・システム可用性
・フォルトトレランス設計
・セキュリティ要件
などの知識も必要になってくるでしょう。

これから、将来的にも需要の伸びる人材がAWSソリューションアーキテクトともいえるのではないでしょうか。

エンジニアとして経験値を上げる

この大きな波に乗るためにも、今多くの経験を積むことが、将来のスキルアップや収入増にもつながります。経験値は、現場で数多く実績を積むことで上がっていきます。

経験値が上がると、仕事も安定しますし、収入も上がります。

ですので、そのような経験が積みやすい職場を探すのが早いです。indeedやenジャパン、DODAなどの求人サイトもありますが、数多くあり、実際にどれが自分の希望にあった求人なのか迷うこともあるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、AWSの案件に詳しい転職エージェントに相談することです。実は、転職エージェントのもっているAWS案件は、非公開のものも多数あります。

ですので、第三者である転職エージェントに直接聞いてしまうのが確実です。もちろん、将来の自分の構想があれば、一緒に伝えると、それにマッチした求人も調べてくれます。

これは、利用しない手はないですよ。
>>AWS案件の転職ならこのエージェントです。

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-AWS

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.