会社にバレない転職

ハローワーク

ハローワーク 在職中の相談【会社にバレないためにはどうすればいい?】

更新日:


関連ハローワークで仕事が見つからない。皆はこうして探している
関連ハローワークの土日祝日の営業時間って?
在職中の求人活動の相談。

ハローワークを使って転職活動をしたいけど、在職中(就業中)に相談しても大丈夫なのか、紹介状をもらえるのか心配という方も多いのではないでしょうか。

ハローワークのページを見ると、以下のように書かれています。

在職中なのですが、求職登録はできるのですか。
ハローワークでは在職者の方でも求職申込をしていただき職業相談・職業紹介を行っております。ただし、退職の時期がはっきりしていない場合などには、求人企業の方や現在お勤めの会社等との無用なトラブルを避けるため、配慮が必要となる場合がありますので、ご留意ください。
引用元:ハローワーク https://www.hellowork.go.jp/help/question02.html

無用なトラブルを避けるため、配慮が必要とありますね。つまり、慎重さが求められるということです。

ハローワークで求人活動がバレないとは限らない。

一番気になる事。それは、会社にバレたりしたら困るということですよね。

万が一、バレてしまったら、仕事がしずらくなりますし、会社から白い目で見られることは避けられないでしょう。また、ハローワークからしても、求人紹介のサポートをしている事が、返って現在勤めている会社を辞めさせているように、現在勤めている会社側から思われてしまっては本末転倒です。

これが、無用なトラブルの1つです。

ハローワークは、あくまで求人情報を提供するサービスをすることが目的です。なので、バレるバレないといった話は基本的に対象外です。なので、バレないといった、プラスアルファの期待はすべきではないでしょう。

求人情報の提供のみ = ハローワークのサービス。
(バレてもバレなくてもサービス対象外。)

ハローワークにプラスαまで求められない本当の理由とは?

ハローワークの大元の運営は、厚生労働省です。
厚生労働省の配下に都道府県労働局があります。(地方の労働局)

この都道府県労働局は、

・労働基準監督署
・公共職業安定所(ハローワーク)

があります。

まず、ハローワークは、国である厚生労働省が支援する就職・求職者を支援するというのは、分るかと思います。

ただ、このハローワーク、つまり公共職業安定所は、字を見て分るとおり「」ではないんです。「」ですよね。

監督権限(監督や取り締まる権限)をもっている。
サービスの提供の役割のみ。

あくまでも、ハローワークは、情報提供の場であるということです。それ以外の例えば、今勤めている会社に自分が求人活動をしていることが知れ渡たらないように(バレないように)、何かしてくれるものでは基本ないのです。

ここを理解していないと、ハローワークに余計な心配をかけてしまったり、余計なトラブルに発展してしまうことになるんです。

在職中の安全な求人活動の方法とは?

バレないための在職中の安全な求人活動は、以下がポイントです。

1.出来る限り水面下で行動する。
2.行動時間にスキを作らない

出来る限り水面下で行動する

水面下で行動するためには、基本、誰にもバレないようにすることが目的です。

そのためには、求人活動していてもバレない仕組みをもった求人サイト等を活用する必要があります。内定をもらうまでには、求人選び→書類作成→応募→面接→内定の流れが一般的ですが、出来る限りスムーズに運びたいところです。

ですので、履歴書の書き方や面接対策などイチイチ調べたりするのではなく、しっかりサポートしてくれる体制のあるサービスを活用した方が早いです。

(自分で考えることも大事ですが、過去のノウハウから学んだ方が早いこともあります。)

行動時間にスキを作らない

時間にスキを作らないための目的は、周りから行動がおかしいと思われないようにするためです。

例えば、転職活動のために有給休暇を使ったり、半休したり、早退するなどの行動です。そのためには、時間を有効活用することが欠かせません。

時間の有効活用は、例えば、すき間時間で求人活動を進めることです。

例えば、通勤途中、帰宅後、休みの日など求人情報などをまとめてメール等で簡単にチェックできるようにするなどの工夫です。これが、求人活動するために、外に出向いて情報収集ってなると、かなり大変です。

なので、すき間時間にある程度、求人情報が簡単に取得できるサービスが必要になってきます。

求人サイトはどこを活用する?

求人サイトは、ネットで調べると沢山出てきますが、どのサービスを使えば良いのか迷うこともあるのではないでしょうか。

ここからは、数あるサービスの中でも人気の高い求人サイトをご紹介します。

リクナビNEXT

ここは、求人サイトの中でも最王手の求人サイトです。

メリット
・リクナビNEXTにしか掲載されていない目玉の求人が見つかる。
履歴書の書き方、面接対策などがしっかりまとまっている。
適職診断サービスが無料で受けられる。
・自分にマッチした求人情報がメールで受け取れる
・企業側からスカウトメールをもらえるサービスもある。

デメリット
・求人情報が沢山あるため、検索のみのサービスだと迷う。

>>【公式】リクナビNEXTはコチラ!

リクルートエージェント

リクナビNEXTは、サイトで全てやりとりします。リクルートエージェントは、ハローワークでいう相談員に相談して求人を紹介してもらうサービスです。

どうしても、忙しくて探すのも大変な場合や、自分にマッチした求人を紹介してもらいたい場合は、このサービスを活用しましょう。求人を自分で探せるのがリクナビNEXTですが、リクルートエージェントは、仕事を紹介してもらうという違いがあります。

多くの方は、内定率を上げるため、2つのサービスを活用しています。(どちらも全て無料

>>【公式】リクルートエージェント

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-ハローワーク

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.