ハローワーク 土曜日

ハローワーク

ハローワーク 土曜日OKリスト(更新版)優良企業の求人転職探しポイント!

更新日:

土曜日にハローワークで求人探し

平日は、仕事が忙しくて転職活動ができない!活動するのは、休日の土曜日しかできないという方も多いのではないでしょうか。ハローワークは、平日は8時30分~17時15分です。会社帰りに寄っていこうと思ったら、間に合わないってことは良くあります。特に、退社時間が17:30過ぎだと間に合わない・・・ですね。

土曜日、日曜日に営業しているハローワーク

土曜日、日曜日に営業しているハローワークは、毎年更新されています。ですので、ここでは、最新版をご紹介します。

働きやすい優良企業で仕事をしたい!

最近では、ハローワークの求人だけでは物足りなく、より働きやすい職場を探したいという方が増えてきています。

特に、長時間残業、パワハラ、いじめ、社内イベントへの強制参加、飲み会などブラックな企業も少なくありません。そのような会社は出来る限り避けたい、もっと時間を有意義に使いたい、家族やプライベートの時間を重視したいという方もいます。

そのような方の多くは、以下のような転職エージェントを活用しています。

なぜ、多くの人は民間エージェントを使ってるのか?

民間の転職エージェントを使っている人が多いのは、理由があります。ここでは、なぜ、ハローワーク以外の求人サイトも使っているのかご紹介します。

職場環境が違う

職場環境によって、働きやすさが全く違います。給料も違います。例えば、儲かっていない会社。仕事は増えるけど、増員しません。なぜなら、残業代を払った方が人件費を安く押さえることがでるからです。

逆に儲かっている会社は、本人以外にもカバーできる体制があります。それでも給料は反映してくれますし、働き方にも余裕があります。

求人先は素人ではなくプロが探す

また、ハローワークは、求人探しは、自分でおこなわなければなりませんよね。ですので、良い会社なのかどうかは、自分で考えなければなりません。

でも、転職エージェントは、自分で求人を探す必要はありません。伝えるべきことは、自分の希望条件です。希望条件さえ伝えれば、エージェントが転職先を探し出してきてくれるのです。

実は、この差は大きいんです。

素人が求人探しをする参考情報は、求人票、募集要項しかありませんよね。

でも、転職エージェントは、求人票や募集要項は、参考程度です。エージェントは、直接企業に出向いて採用担当者から会社の状況や募集要項では記載できないような情報をまるまるヒアリングしてくるわけです。

つまり、持っている情報が全く異なるわけです。言い換えると、職場環境を知った上で仕事を紹介してくれます。だから、入社してから失敗したといったことがほとんどありません。ハローワークは、自己責任なので、転職したけど失敗しないとも限らないわけです。

長年勤める会社だからこそ、慎重に選びたいところですよね。

残業が多い会社は要注意

会社を選ぶにあたって、残業時間は1つの目安になります。日本には労働基準法がありますが、海外と違って、残業上の制限時間がかなり甘いんです。

 

日本は、法廷労働時間は1日8時間 1週40時間、ですよね。でも、実態はどうなっているかというと、36協定を結んでいれば、残業させることができます。1ヶ月45時間まで法定労働時間に加算ができます。

 

更に、特別条項付き36協定を結んでいると、過労死ライン80時間を超える残業も可能なのです。過労死(KAROSHI)は、英語圏でも通じる言葉にもなっていますが、こんな働き方をする国は世界でも珍しいんです。

 

ドイツ、フランス、オランダにしろ日本と同じ労働基準法があります。でも、定時で帰る人が多いですよね。でも、日本と違うのは、残業は罰則の対象になるんです。日本は、36協定で逃げられますよね。また、アメリカは、残業はありますが、残業代は、日本の深夜残業代にあたる1.5倍に増額されます。

 

結局のところ、日本では、労働基準法は、雇用主寄りの法律です。だから、変な話、残業させようと思えばいくらでもさえせることができるんです。特に、経営力の弱い会社だと、人を増員させることもできません。

 

現状維持で残業させた方が安いわけです。これが染みついている企業風土の会社もあります。だから、人の扱いが悪くなっても法律というガードはあってないようなものなんです。

 

転職先は、職場環境を含めた経営力のある会社を見つけた方が良いです。

内定率

2つ目は、内定率です。真面目に、何社も一般応募して不合格になるのは、一般枠で戦っているからなんですよね。だから、知っている人は、裏門からスイスイ行けちゃうわけです。もちろん、時期やタイミングはありますが、、一般には公開されていない非公開の案件を多く持っているのは確かです。

 

情報格差時代と言われますが、ある意味、仕方ありません。

 

世の中にある求人は、一般にハローワークのような公開されている求人と、非公開の求人が存在します。その割合は、大きくは3:7の比率と言われています。一般的には、非公開の方が多いのです。

 

非公開のものは、企業側が公開したくない求人情報なので、求職者の目に触れる機会はほとんどありません。というのも、公開されている案件は、実は、求職者以外の競合他社も参照できるのです。

 

例えば、新規プロジェクトや特許関連の開発などは、他社に知られたくありませんよね。そのような場合は、非公開で求人募集します。では、どこに求人を依頼するかというと、民間のエージェントです。

 

ですので、もし、検索しても自分にマッチした企業が見つからなかった場合は、一度、民間エージェントに相談してみる価値があります。その時に、労働条件、年収など詳細にヒアリングしてくれるので、しっかり面談を受けておきましょう。そうすることで、求人応募してから内定までのスピードはかなり早くなります。

 

逆に言うと、エージェント選びは、企業側との調整力・交渉力が高さも大切ですよ。条件は、自分の代理で交渉してくれるので。だから、多くの方がこちらを登録しています。

>>土日営業の調整が可能な民間エージェントはコチラ!

時間の節約上手は、転職も段取り上手。

時間の節約家は、転職も段取り上手です。だから、人からみると、世渡り上手なんて言われたりします。

ここでは、その基本となる転職支援サービスをご紹介します。転職サービスには、以下のハローワークと民間の2つがあります。その違いを簡単にまとめてみました。

  ハローワーク 民間転職サービス(エージェント) 民間転職サービス(検索系)
営業時間 平日、(土もあり) 土日営業もあり 24h 365日
求人申込 求職者登録(ハローワークの現地で手続き) エージェントに申込 求人登録(ネット申込)
応募方法 紹介状の発行手続き エージェントが代行 ネットから応募

更に、民間の転職支援サービスは、2つに分類されます。

ネット完結型:ネットで申込~応募まで出来る
エージェント経由型:エージェントに紹介してもらう

違いが分った所で、ここからは、民間エージェントのデメリットとメリットをご紹介します。

転職成功者は、メリットを上手く使いこなす。

民間転職支援サービスは、ハローワークよりも便利ですが、デメリットもあります。

それは、新着の求人数はハローワークほど多くはないという点です。ハローワークの場合は、毎日、数百件以上の新着案件がありますよね。でも、民間の更新頻度は、週に2回程度です。ですので、新着の求人件数を比較すると、民間の方が少ないです。

民間の検索型の求人検索のメリット

民間の検索型の求人検索のメリットは、全てネットで申込から応募まで全て済んでしまうという点です。自宅にいながら、全て応募まで出来てしまうのです。なので、土日祝日しか就活・転職活動が出来ないという方はおすすめです。ただ、企業側から面接オファーが届いた場合は、企業側の日程に合わせる必要があります。

更に、もう1点メリットがあります。それは、自分の希望する企業ジャンル、条件(休日日数、勤務時間)、年収などを予め記入しておくと、企業側からオファー(スカウト)が届く場合があります。ただ、時期やタイミングにもよりますので、早めに登録しておきましょう。

>>ネット完結型転職サービス

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-ハローワーク

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.