ハローワーク平日の時間いけない

ハローワーク

ハローワーク 平日に行く時間がない!【在職中の転職成功者はサクサクっとこコレを使っている】

更新日:

参考ハローワーク以外の求人活動!【検索サイト・転職エージェントの使い分けとは?】
参考ハローワークと転職エージェントどっち使う?【図解で分る押さえたい仕組み!】

ハローワークに行く時間がない!

ハローワークは、平日は忙しくて行く時間がない・・・。といった悩みもありますよね。ハローワークの営業時間は、8:30~17:15です。この時間帯は、ほとんどの会社では就業中の時間ではないでしょうか。

 

正直、仕事で有給休暇が取得しずらかったり、半休が取りずらい会社だったりすると、転職活動をしたくても、なかなかタイミングすら取りにくいでしょう。じゃあ、どうやって転職活動をすれば良いのか?というと、ハローワークに行かなくても出来る転職活動になります。

 

もちろん、場所によっては、土曜日も開いているハローワークの施設があるので、そこで調べるという方法もあります。

>>土曜日も開いているハローワーク

ただ、注意しなければならない点があります。それは、急いで転職先を見つけてはいけないということです。

 

急いで見つけたけどブラック企業だったAさん

僕の友人であるAさんの話です。Aさんは、平日は、休むどころか、毎日終電近くまで残業せざるを得ない会社に勤めていました。毎日、寝る時間もあまりなく、忙しさのあまり、早く今の会社から抜け出したいと考えてました。

 

もちろん、ハローワークに行く時間も取れず、土日の休日に転職活動をしました。転職活動といっても、職務経歴書や履歴書などの書類作成や、ネットで検索できる求人サイトを使っての求人探しが中心でした。

 

ある時、応募条件が自分にピッタリと合っており、年収も今の倍くらい。しかも、年間の休暇日数も申し分ない。Aさんは、今のスキルから仕事内容といい、福利厚生といい、理想的な職場が見つかったと思い、応募しました。応募後は、書類選考も通過し、とんとん拍子で面接までこぎつけました。

 

メールで採用担当者とやりとりしていく中で、企業からの反応も良かったこともあり、面接は万全に望むため、会社に有給休暇を申請し、面談をうけました。面談の結果、無事、内定を勝ち取ることができ、Aさんは本当に嬉しかったといいます。

 

ただ、実際に勤めてみると、どうも仕事量が多すぎてとても終われません。21時過ぎになってパラパラと帰る人がいるだけで、23時過ぎになって帰宅の準備をする人が増えるような状況でした。しかも、サービス残業が普通に行われていることに気づいたのです。もちろん、周りの人達もそれが当たり前という雰囲気でした。

 

実は、Aさんは3ヶ月で体調を崩しました。どうもAさんが入社した時、別のBさんは退職していたのです。その会社はブラック企業で、数ヶ月毎に毎回、求人募集をしていたのを知ったのは、退職した後でした。

 

なぜ、ブラックと分からなかったのか?

ブラック企業かどうかを知る上で、必要なのは、実際に会社の経営状況や離職率、社内の雰囲気などを事前に知っている必要があります。ただ、そんな情報、求人募集には書いていません。実態と募集内容が必ずしも一致しているとは限らないんです。

 

情報不足が結果的に不運を招くことだってあります。Aさんの場合は、結果的に再転職活動をおこなう羽目になりましたが、限られた時間の中で急いで探すと、大事な点を見過ごしてしまうのです。

 

忙しい時こそ情報収集を効率的に収集せよ!

仕事で忙しく、平日は転職活動が出来ないこともあるでしょう。そんな時こそ、出来る限り転職を考えている企業先の情報は、応募する前に知るべきです。では、どのように転職活動をしていけば良いでしょう。

 

1.経験したい企業の成長ステージは?

企業は、創業⇒拡大⇒変革⇒成熟の順に成長します。成長する時期によって求められる人材も変わってきます。ですので、自分が希望する会社がどのステージにあるのか確認しましょう。

募集する会社の規模によって、求められるスキルや人材が異なってきます。以下は、例ですが、創業期は、何でも屋さん的な忙しさの中で多くの経験を積みたい方向きです。成熟期になると、部門単位で専門知識や運営できる人材が求められてきます。

創業期:幅広い業務をこなす人材。
拡大期:プレーヤー、マネージメントの人材。
変革期:新規プロジェクトの人材
成熟期:専門知識を活かした現場運営ができる人材

 

2.自分を活かせる職場は?

過去の経験や、自分が進んでいきたい道。これから身に着けたい仕事などがあれば、具体的にどんどん紙に書いていきましょう。書いた中から、自分が活かせそうなスキルを洗い出してみます。そこから、業種業態を探していきましょう。

 

コツは、無理と思えるような仕事で、直感的に思いついたものは、具体的にどんどん紙に残していくことです。削ったり、方向性を決めるのは後です。例えば、具体的に書きだしたスキルをまとめると、

・調整力
・業務推進力
・スケジュール管理
・運用スキル
・開発スキル
・営業スキル

などに集約されるでしょう。そのスキルを活かせる方向性を軸に、業種業態、業務内容を探していくと見つかりやすいです。
>>適職診断も参考になります。

 

また、仕事をしながら、自分だけで見つけるのは、大変という場合は、転職相談サービスが便利です。このサービスを利用すると、職場の雰囲気や、成長段階、自分のスキルから、将来の転職先の候補を提案してもらえます。

 

実は、一番大切なのは、転職活動そのものではなく、転職後の職場です。だからこそ、納得のいく転職活動をしたいですよね。

 

転職相談サービス:対面形式で自分にマッチした転職先を紹介してくれるサービス。

 

転職は、あくまで今の職場を変える手段なのです。だからこそ、忙しい時は、すぐに求人検索したい気持ちを押さえて、転職相談サービスを利用しましょう。それが結果的に、効いてきます。

転職相談サービスはコレを使う

求人探しには、大きく、求人検索サービスと、転職相談サービスがあります。求人検索サービスは、スマホで検索するとたくさん出てきます。ただ、このサービス、優良企業もありますが、そうでない企業もあるのです。

 

特に、何度も求人募集が発生する企業は、出来る限り広告費を掛けたくありません。広告費を掛けたくないので、無料で掲載できる求人サイトを使ったりするケースもあるんです。もちろん、必ずしもブラック企業とは限りませんが。

 

ですので、求人検索で見つけた企業の場合は、必ず自分でその会社の離職率や経営状況・業績がどうかなどを調べておきましょう。(転職エージェントを利用する場合は、聞いてきましょう。)

 

おすすめは、企業の内部事情や採用担当者とのパイプを持っている転職相談サービスです。これを使うと、企業情報を知るだけではなく、職場の残業状況や業績も知ることができます。当然、内定後のアフターフォローなどもしてくれるので、安心です。

 

もし、転職活動において、成功したい方は、この転職相談サービスを活用してくださいね。
>>成功者が使っている転職相談サービスはコレ!

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-ハローワーク

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.