サービス残業耐えられない

職場

サービス残業が耐えられない!【これから働きやすい職場に移りたい人の3ポイント】

更新日:


参考急に仕事が増えた!【残業で精神的に追い込まれた時にみるサイト】

サービス残業が耐えられない

残業して働いているのに、残業代が出ない・・・。本当にこれは仕事なんだろうか。社内の周りを見渡すと同じくやっているからこれは普通なのか、、でも、もう限界。。

このサイトでは、以下の方が対象です。
対象の方

対象の方

  • とても耐えられない
  • サービス残業がある
  • 精神的に辛い
  • 残業が続いている
  • 給料が上がらない
  • 周りの人もサービス残業している
  • 会社を辞めたい

ここからは、サービス残業をすることのリスク、そして、世界からみた日本のブラックの実態。そして、今後、働きやすい職場へ移りたい方のためのポイントを厳選してご紹介します!

サービス残業は実は危険なリスクが

労働基準法では、1日8時間、1週40時間。これを超えた場合は、割増賃金を支払うことが定められています。これを割増賃金どころか、サービスで働くということですよね。サービス残業は・・。

 

サービス残業というと、何か残業代だけに注目がいってしまいますが、そんな簡単な問題ではないんです。サービス残業をしてはいけない理由・・・

 

それは、

労災がおりない可能性がある。

 

という点です。万が一、残業することで、精神的なうつ病や脳卒中、心疾患などの病気にかかったとしましょう。その場合、労災の支給対象になるかは、残業時間も考慮されます。ただ、サービス残業は、記録が残っていないと証明できません。

 

あまり考えたくないですが、会社からすると、どんなに過酷な時間残業させても会社は言い逃れが出来きてしまいます。サービス残業の実態がないですよね。万が一、見つかったとしても、従業員が自主的にしたと・・・。

労災
サービス残業で一番怖いのは、法律で守れない個人の活動になってしまう点です。ちなにみ、以下は、厚生労働省で公表している精神障害になった方が労災認定された割合です。ここ数年、30%台ですよね。狭き門です。

精神障害労災補償状況
出典元:厚生労働省 精神障害労災補償状況

もちろん、これは、サービス残業ではなく、残業した記録を残しての認定率です。つまり、サービス残業など記録として残らないような残業をしてしまうと、支給されない可能性が十分にあるということです。最後に責任を取るのは、自分になってしまうんです。

 

会社に無給で奉仕する残業は、いい表現ではないですが、

労働者でない奉仕活動=奴隷

 

と同じです。サービス残業とは言え、万が一の場合も考えて、何等かの方法で、記録は取っておきましょう。退職時に、自己都合ではなく、会社都合に出来る可能性も残されているからです。(特定受給資格者になると、失業手当の日数が増えます。)

 

日本のブラック企業

サービス残業を強要している会社は、世界のブラック企業の中でもトップクラスでしょう。

 

ここからは、ブラックの中でも残業時間に焦点を当て、世界の労働時間と比較してみます。特に残業を強いている会社は、世界にどれくらいの割合で存在しているのか?また、日本の長時間労働者は、日本全体なのかそれとも一部なのかを見ていきます。

 

以下は、日本の長時間労働者の割合(データブック国際比較)です。この表内の赤枠が日本です。左から2005年~2015年の長時間労働者の割合を示しています。

長時間労働者 国際比較
出典元:労働政策研究・研修機構 国際比較

 

例えば、2015年をみると、日本の長時間残業者の男女の平均は、20.8%ですよね。他国と比較してみると、10%台がほとんどです。つまり、日本は長時間労働者の割合が高い国ってことが分ります。

 

日本は長時間残業者の割合が多い国

 

では、次にこの長時間労働者は、

日本全体にいえることなのか?
それとも一部なのか?

見ていきましょう。以下は、1年間の総労働時間の国際比較です。これを見ると、アメリカ、カナダと大差ないことが分りますよね。長時間労働者を含めた総労働時間でみると大差がない。つまり、日本全体が残業体質になっている訳ではないんです。

 

平均年間総労働時間 国際比較
出典元:労働政策研究・研修機構

以上から、長時間労働者は、日本の中の一部の企業だと分ります。

 

数字に出てこないブラック企業

ブラック企業
世界からみた長時間労働者は、日本では全体の一部ですよね。ただ、この統計にすらのってこない会社があります。それが、サービス残業を強いている会社です。

 

統計上出てこないため、割合は不明です。ただ、今まで見てきた通り、少なくとも世界から見ると日本は、一部の企業が労働時間を引き上げているんです。つまり、世界的にみても、ブラック環境で残業を強いられている人がいるということです。

 

更に、その環境をも凌ぐのが「サービス残業」を強いている会社です。言い換えると、世界からみてもブラック中のブラックということです。

◆コラム(固定残業代)

営業でよく使われるのが、固定残業代です。これは、「みなし労働時間」で、固定分(みなした分)の残業代は最低限支払うという意味です。

だから、みなした分より多く残業している場合は、
残業代=固定分+超過した残業代です。

みなした分より少ない残業の場合は、
残業代=固定分⇒固定だから、減らない。

※法律上、労働者は、損しない仕組みが固定残業代なんです。

ブラックな企業は、「残業代を固定する」と雇用主都合が独自に解釈しているわけです。固定分を超過した残業代を支払わないのは、違法なんです。

 

働きやすい会社を選ぶ3ポイント

転職先情報のアンテナを広げておく

アンテナを広げる
転職は、その季節やタイミングによって見つかる企業が異なります。そのため、普段から自分の希望する会社が募集をかけていないか、知っておく必要があります。

 

例えば、求人検索で自分で探すだけでなく、希望の求人情報が合った場合に、メール等で届けてもらうサービスや、企業側からスカウトされやすい状況(書類、検索サービス)を持っておくと便利です。

 

自分の方向性を知っておく

方向性

企業探しをする上で欠かせないのは、自分の方向性です。どんな仕事につきたいのか、そしてどうスキルアップしていきたいのかを決めておきたいところです。ここを決めておくと、仕事を学ぶスピードが変わります。

 

また、その目標が大きければ大きい程、仕事に対する意識も自然に上がってきますよ。ただ、大きくキャリアチェンジしたいといった場合は、方向性も大事ですが、自分の適職も合わせて知っておくと自信を持って進みやすくなります。
>>無料の適職診断付きの求人サービス

 

企業風土を知っておく

企業風土

会社には、残業が常態化している体質の企業があります。出来る限り、そのような会社は避けたいところです。そのためには、募集要項に書かれている情報だけをうのみにするのではなく、企業の内部情報も知っておくと安心です。

 

そのためには、企業に応募する前に確認したり、知人や企業に知り合いがいる場合は聞いておけると、入社後に焦る必要がなくなります。聞く手段がない場合は、転職エージェントを活用すると、便利です。

 

特に転職エージェントを活用すると、残業体質かどうかが分るだけでなく、自分の求めている仕事や持っているスキルから、企業を探し出してくれます。これは、働きやすさに大きく影響してくるため、情報だけでもキャッチしておきましょう。

 

ここからは、数ある求人支援サービスの中でも、人気の転職エージェントを厳選してご紹介します。全て無料ですので、使わないと損ですよ。

 

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-職場

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.