26歳転職決まらない

仕事決まらない

26歳で転職が決まらない!【失敗するパターンと成功するための対策とは?】

更新日:

26歳で転職が決まらない!

26歳になって転職活動しているけど、なかなか決まらない。結果が出ないといったことはないでしょうか。結果が出ないのは、理由があります。

ここでは、その失敗パターンと対策をご紹介していきます。

26歳の転職活動で落とされる失敗パターン

26歳は、大卒で社会人4年目、5年目ですよね。ちょうど、これから会社の軸となって働く年代でもあります。その中で仕事が決まらないと、自分の方向性も決まらないですし、仕事も中途半端で終わってしまいます。

26歳は、これから将来を決める上でとても大切な時期です。転職が決まらない理由は、人によってあると思いますが、特に多いパターンをご紹介します。

転職回数が多い

転職回数が3回、4回と多くなると、転職は厳しくなってきます。採用する側もまた辞めてしまうのではないかといった不安を持たせてしまいます。ですので、転職回数が多い場合は、簡単には転職できないと思った方が良いかもしれません。

本当に、転職する必要があるのかも含めもう一度振り返ってみる必要があります。どうしても、転職する理由がある場合は、情報を集めるだけではなく、行動が必要ですよ。

正社員の経験がない

正社員の経験がないと、採用の際、責任ある仕事が任せられるだろうかと思われることもあります。

ただ、26歳であれば、過去の経験よりも、転職したいと思う熱意で採用してくれる企業は多くあります。ですので、正社員経験がないからといった理由で、転職するか迷っているなら、チャレンジはするべきでしょう。

正社員は、生活面・福利厚生も充実しています。優良企業であれば、尚更、今より良い条件で転職できるはずです。全く諦める必要なし。前を向いて活動していってください。

退職してから空白期間が長い

一度、退職してから1年を超える空白期間だと、転職活動は、厳しいでしょう。面接で必ず、このブランク期間の理由を求められるはずです。その時に、しっかりと理由を用意しておかないと、受かる面接も落とされます。

一番ネックになりそうなのが、書類選考です。ここで落とされてしまうと、面接で幾ら準備しても、意味がなくなってしまいますよね。もちろん、20代は、スキルよりもやる気で採用してくれる企業が多いですが、空白期間が長いとマイナス評価も避けては通れません。

まずは、1日でも早く活動を始めること。そして、使えるのであれば、書類選考がない転職活動もおすすめです。それは、後でご紹介します。

フリーターも考えている

どこにも採用されなかったら、フリーターも考えている。これは、どこかしら、気持ちに甘えが残っている証拠です。転職前から逃げの姿勢でいると、仕事がなかなか決まりません。

もちろん、自分を安心させるために、最悪の事態も考えておくことは大切です。

ただ、世の中、多くの人が転職したいと思って活動しています。転職に成功している人は、自分を追い込んでいます。フリーターを考えて活動している人はほとんどいません。社員として仕事をしたいと思ってます。

どうしても、甘い気持ちを捨てきれない内は、今、本当に転職する必要があるのか、見直す必要があるかもしれませんよ。

資格を持っていない

転職で気になることで多いのが、資格です。資格の重要度は、応募する企業によって違いますが、最終判断で使われる可能性もあります。

例えば、同じスキル・経験の人が応募した場合、どちらかを落とさなければならなくなった時です。当然、業務に関係する資格があった方が有利でしょう。

ただ、資格がないからといって、転職を諦める必要は全くありません。むしろ大事なのは、やる気です。多くの企業は、今のスキルにあまり期待してません。OJT等の社内教育で十分と考えている企業の方が圧倒的に多いです。

だから、資格を持っていないことで、転職活動を迷うくらいなら、1社でも多く応募した方が効率的ですよ。

志望動機がはっきりしない

志望動機がハッキリしないのは、まだ、本当に自分がどんな仕事をしたいことが分らないといったことがあるのではないでしょうか。自分が本当に何をしたいのかを振り返ってみる必要があります。

見つからなければ、今すぐ転職はせず気持ちが定まってからでも遅くはありませんよ。

企業選定が間違っている

応募したけど、書類選考で落とされる。この書類選考で落とされるケースで多いのが、応募すべき企業を間違えているパターンです。ただ、これは、ほとんどの場合、気づきません。

特に、会社選びや応募は、誰でもできますよね。気付くのは、応募している割には、不採用通知ばかりで前に進まなくなる時です。何か、間違っているんじゃないかと・・・。

この場合は、自分だけの転職活動だけに頼ることを止めると、上手くいくことがあります。一番ネックになるのは、企業が求めている人材を把握することです。ただ、簡単には分りません。何となく、良さそうといった感覚で応募してしまうものだからです。

結果的に、手当たり次第応募していくはめになります。どうしても、見つからない場合は、後でご紹介する方法を取り見れてみてはいかがでしょうか。

26歳の転職を決める活動とは?

26歳は、これからの将来を決める大事な時期です。転職が上手くいくか、それとも出来ないかで、5年後10年後、大きく変わってきます。

これを、自分の将来を決める大切な活動として行動できるか、それとも、情報収集で満足して終わるかは、人それぞれです。ただ、成功している人は、行動が伴っています。

もし、迷っているなら、もう少し、今の仕事を続け、どうしても変えていきたいと思った時にしましょう。

内定までのステップが短い活動を取り入れる

通常、転職は、書類選考⇒試験⇒面談の順序ですよね。書類選考や試験で落とされてしまうと、次に進むことができません。ただ、全てこのような活動ばかりではありません。

企業には、いきなり面接からスタートする別ルートを設けている場合があります。それを使った場合、内定までの距離は短くなりますよね。なので、そのような道を使って転職する人はかなり多くいます。

ただ、デメリットもあります。それはそのサービスを利用するためには、審査を通過しなければならない点です。審査といっても、現状や希望条件を登録するだけですが・・。また、サービスが受けられる地域が限定されている場合があります。

26歳の方が多く登録申請している転職支援サービスです。該当する地域があれば、有利に展開できます。活動を開始しましょう。

転職を有利に進めるサービス(地域別)

・対象地域(東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・神戸・京都)

・対象地域(札幌・名古屋・福岡)

・対象地域(兵庫・京都・山口・大分)

・対象地域(東北地方)

一人で転職活動をしない

転職活動は、一般的に一人で活動しますよね。求人検索サイトでの求人探し。indeedやenなどは有名かもしれません。ただ、この転職活動だと、活動が長期化する可能性があります。なぜなら、企業を探すのも、書類選考対策、面談対策も全て自分で行わなければならないからです。

もちろん、転職活動はできます。ただ、先が見えない・・、結果がでないことが分ったら、次の手も打ちましょう。

それが、第三者も交えた転職サービスの活用です。これを使えば、書類通過対策、面談対策も協力してもらえます。そして、最大のメリットは、企業選定です。企業の探し方の精度が上がると、応募数に対する内定率も上がります。

結局、転職活動は、内定率が悪いと、仕事を選ぶことすら出来ません。今までの転職活動を続けるのも悪くありません。ただ、少し活動を変えてやってみるだけでも結果が変わってきます。

知っている人は使っていると思いますが、上手く言っている人は、行動も早いです。

ココは使いたい転職支援サービス(全国対応)

将来の夢を描く

26歳での転職活動。まだ決まる前から、夢を描くのは早いと思うかもしれません。ただ、転職活動を始めることで、今まで知らなかった企業、面白そうだと思えるような企業と巡り合うこともあります。

転職活動をしなければ、見えなかった世界が広がることだってあります。だからこそ、単なる職探しではなく、自分の視野を広げる意味でも活動を続けていって欲しいと思います。

活動して初めて見えてくるもの。それは、気づきです。それが、後々自分を大きく成長させてくれますよ。

まとめ

26歳で仕事が決まらない。決めるためには、気持ちと行動が必要です。もし、情報探しで満足しているなら、本当に転職したいのかといった気持ちをもう一度、整理する必要があるでしょう。

もしかしたら、今は転職するタイミングではないのかもしれませんよね。転職を考えるくらいなら、もっと仕事に打ち込むことだって出来るでしょう。

ただ、本気で転職したいという気持ちを持っている人は、明日に向けてチャレンジしていきましょう。それが、3年後のあなたを変えてくれます。転職出来る時期は、いつまでもあるわけではありません。

後悔してからでは、遅いんですよね。こちらが、26歳の方に人気の転職支援サービスです。どこにするか迷ったらココです。
>>人気No1の転職支援サービス

 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-仕事決まらない

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.