会社いらない言われた

仕事辞めたい・辛い

会社からあなたは「いらない」と言われた!【今からできる3つの対策】

更新日:

会社から「いらないと言われた」

会社からいらないと言われたら、正直、辛いですよね。
いらないと言われる理由をみていきましょう。

能力がないと思われている

仕事の能力。これは、業務スキルを含め、仕事をこなす能力がないと思われている可能性がありますよね。だからといって、本当に不向きなのかは、すぐには分からないはずです。特に部署異動したばかりや転職したての頃は、右往左往するものです。

まず、上司がどのような行動に対し、いらないと言っているのか?自分に本当に能力がないのか確認する余地はありそうです。

仕事のスピードが遅い

仕事が増えると、段取りや優先度をつけて片づけていく仕事もでてきます。ただ、自分の許容範囲を超えた仕事量は、スピードがついていけなくなります。周りからすると、遅いと思われているかもしれません。

ただ、中には、業務量が多すぎるというケースもあります。仕事は出来るため、任される量が多すぎる。。これでは、期待に応えたくても、応えられないはずです。本来であれば、上司が仕事量、スピードを検討すべきですが、分っていない可能性もあります。まずは、上司に、今の仕事量が多ければ、相談してみるのも一つの方法でしょう。

残業しても仕事が終わらない

仕事が全く終わらない・・。毎日残業しているのに、自分の実力のなさを指摘されるといったこともあるでしょう。まだ、アドバイスがもらえる内は良いですが、年数が経過すると出来て当たり前になります。ただ、残業しても終わらないような量は、誰でも嫌になるはずです。特に、上司が部下の仕事量を考慮していないと、苦労するのは部下です。

その場合は、仕事量を見直してもらうか、部署異動ができないか検討してみましょう。無理してカラダを壊さないようにしなければなりません。

ミスが増える

ミスが重なると、上司からの指摘だけではなく、周りへ説明したり、クレーム対応するなど、通常通り仕事を終わらせること以上に大変になります。出来る限りそのような状況は避けたいですが、あまりに多い場合は、過剰なストレスを抱えている場合があります。どのような内容にストレスを抱えているのか検討してみましょう。

クレーム処理に追われる

仕事に失敗すると、クレーム処理に追われます。クレームは、精神的にもキツイです。小さなクレームであっても、数多くなると、上司や周りの人間からも指摘されます。毎回あるとさすがに、辛くなります。仕事のやり方などに問題がなかったか、チェックリストなどを作るなど対策もあります。

大事な仕事を忘れる

仕事が重なってくると、忙しさのあまり、大事な仕事の期限を忘れてしまうこともあります。特に、上司や関係者へ渡すような資料は、他の方も合わせて準備しているため、期限が過ぎてしまうと、大変です。仕事の段取りの見直しができるようでしたら、やっていきましょう。

実は仕事に向いていないとしたら・・。

いろいろ原因はありますが、もし、対策をしたけれども、どうも仕事に向いていないのかもと思ったら、転職するのも一つの方法です。
ただ、転職にもデメリットがあります。

それは、一から人間関係を作らなければならない点です。
もちろん、今の仕事が辛い状況であれば、ゼロから再スタートできるというメリットになるかもしれませんが、再スタートを切るという気持ちがないと、転職は簡単ではないでしょう。

転職活動する年齢ですが、
20代の場合:すると決めたなら、出来る限り早い決断がベストです。なぜなら、まだやり直しが十分できる年齢だからです。
30代の場合:すぐに決断するのではなく、転職するにしても、先にエージェントに登録するなど情報収集から始めましょう。長期戦になる可能性があるため、自分に合った良い求人のみ逃さないというスタンスがベストです。

ただ、行動できる方は、実際は一握り。

成功している人は、スピードも早いです。時間が無限にあるわけではないと意識できるかどうか。

ここの判断スピードが、転職の成功確率を上げてくれます。

時間が経つほど、行き場がなくなる現実

会社から「いらない」と言われ、正直、ツライ。だけど、何とかなるだう、頑張ろうという気持ちも大切です。

ただ、それが、単なる自分の慰めであった場合は、恐らく、将来も繰り返すことが待ち受けています。

つまり、時間だけが経過します

時間が経過していくとどうなるか?想像してみてください。

行き場がなくなります。気力も失っているかもしれません。転職という気力もなくなっているはずです。

そうならないためにも、まず行動。自分を活かせる場所は必ずどこかあるはずです。そのためには、働きやすさ、20代、30代であれば、やる気重視で採用してくれるような職場を探しをしていく必要があります。自己分析しながら、もっと自分が活躍できる場所を求めてみてはいかがでしょうか。

>>30代の転職活動はこれだけある。

「いらない」と言われた多くの人が足踏みし抜け出せない中、行動できるのはごくわずかの人かもしれません。ただ、行動すれば、何かしら得るものがあります。それをやらずにいると、年齢とともに、転職は厳しくなっていきますよ。後悔してからでは遅いですよね。

転職は、逃げではありません。自分を活かすための活動です。会社に都合の良い人間で終わる必要はありません。可能性を広げてみませんか?転職するかしないかは、最終的には自分の判断で決められます。もし、少しでも向いている仕事が見つかったのであれば、チャレンジすべきでしょう!

 

今、チャレンジしなければ、いつ出来るでしょうか。いらない人生で本当に良いのでしょうか。

 

ずっとゴミ扱いされ辛いまま耐えたがために、うつ病になってしまった人もいます。自分と向き合わず、転職活動から逃げる選択肢もあります。ただ、そうなってしまうと、流されるだけ流されていきます。自分の存在が消えていってしまいます。

 

前を向いていくか、会社にしがみ付くかは、人それぞれです。確かに、ちょっとした事かもしれません。ただ、それが未来を変えてくれます。悔いを残さないこと。行動してから後で考えるくらいの気持ちの余裕も必要ですよ。

皆がやりたくない派遣という仕事で手に職をつけ独立しました。急がば回れ。ここは、案件豊富。

 

ハロワ 書類選考通らない
ハロワで書類選考が通らない場合の例とその対策!【知らなきゃ損する成功へのルート】

ハロワで書類選考が通らない ハロワで書類選考が通らない・・。どうにかして、通過したいと思うこともあるのではないでしょうか。ここからは、書類選考に落ちてしまうパターンをご紹介していきます。もし、気づいた ...

続きを見る

行動する人が行う3つの対策

ここからは、今からできる3つの対策をご紹介していきます!

Point1 自分を活かす道を探る

会社から自分をいらないといった扱いを受けた場合、悔しさや何とも言えない苦しさを感じたことはないでしょうか。私は、別室に呼ばれて、上司から今の業務は任せられない、「君はいらない」と言われました。

ただ、私のようにではなく、上司が期待を込めて言っている場合もあります。ですので、気持ちを落ち込ませるのではなく、その場合は前向きに捉えて欲しいと思います。下を向く必要はないです。もっと頑張れる余地があると思っていきましょう。

向き不向きの先に見えたもの

仕事には、人それぞれ、向き不向きがあります。ただ、これは、やってみないことには分からないことも多いです。転職後、自分に合っているか良く分からないと仕事が、意外にも向いていたなんてことがあります。気付かないんですよね。これもチャレンジしたからです。

もしかしたら、仕事探しは今からでも遅くはないかも。それよりも、自分にマッチした仕事を探そうと勝手に思ったんです。

ガマンや屈辱に耐えること、会社に出社することが大事だという考えを捨てました。気付いた時には、幾つかの求人情報を探す準備をしていました。その中で、いったい自分は何をしたいのか、漠然だった目標がだんだんと形に見えるようになってきたんです。年齢や経験はそっちのけですが・・。

その中で考えていたことは、自分自身を活かせる、活躍できる場を見つけることでした。探していく中で、もっと自分を知ろうと思いました。例えば、どんな長所を持っていて、どんな事が得意、集中できるのかなど。逆に、嫌なことは、かなりたくさん出てきましたね。

長所・得意
くだらないと思えるかもしれませんが、自分を発見する、前を見ていくことで気づきが生まれます。自覚していなかった本当の自分と向きあうようになります。もしかしたら、これは散々、耳にタコが出来るくらい聞いたことのあるかもしれません。

適職が分からない場合は、求人検索サービスに登録するとできる適性診断もあります。

Point2 やりたい事を見つける

最初は、何をやりたいのか、自分の長所が分からないまま淡々と仕事をしていました。ただ、会社から「いらない」と言われたことをきっかけに、自分を振り返るきっかけが出来ました。どんな仕事に向いているのか毎日考えていました。

 

ただ、どんな仕事に向いているのか、どんな仕事があるのか、さっぱりイメージが掴めませんでした。そんな中、僕にもこんなキャリアがあるのかと知ることが出来た無料サービスがあります。それが、転職エージェントからのアドバイスでした。

 

自分が転職するしないに限らず、どんなキャリアがあるかを知るだけでも、これから将来へ向けての目標の立て方が変わってきます。また、方向性が分ると、なんとなく自信も持てるんですよね。そんな意識を持てるだけでも、いらないと言われても動じなくなります。

Point3 人生のリスク管理

会社から「いらない」と言われても、続ける意思があれば、解雇にならない限り、仕事は続けられます。ただ、本当に解雇された場合、行く道がなかったら、時すでに遅しです。アルバイトで生活していかなければなりません。

そうなる前に、転職活動を始め、将来の転職先があることを知っておくことだけでも、気持ちが変わっていきます。それが、人生のリスク管理です。そのためには、上手に情報収集を始めなければなりません。

1.自分の適職・経験を活かせる仕事を選ぶ。
2.求人情報のアンテナを広くもつ。
3.エージェント等の第三者の意見を参考にする。

ここからは、転職先を見つけるためのポイントをみていきます。

自分の適職・経験を活かせる仕事を選ぶ

仕事探しは、自分の適職、やりたい仕事、目標が実現できそうな職場を軸に選ぶと大きく外れることはないですよ。間違えても、内定をもらうためだけを考えて、内定が取り易そうな企業ばかりを狙って応募するのはやめておいた方がいいです。入社してから、苦労するので・・。

 

ただ、気付いたら内定がもらえやすそうな会社ばかり探してしまうこともありますよね。その場合は、自分を過少評価してます。仕事を探すにあたって、最初から断られるだろうと思って、不安な気持ちで探す必要はないんです。だって、実際に応募してみないことには結果は分からないので。最初から諦めちゃもったいないですよ。

 

仕事探しは、自分がその会社で将来の目標が達成できる、またはステップアップできる会社です。そして、あたなには、あたなしかない強みがあります。会社であなたが、どんな言われ方をとしても・・・。

求人情報のアンテナを広くもつ。

求人は、景気や企業の動向、人員欠如などによって募集する企業数が変動します。そのため、いかに早く自分に適した仕事を見つけられるかが、成功への近道です。とはいえ、就業しながら、毎日求人検索するような時間や手間はありませよね。

 

そんな時に使うと便利なのが、
希望する新し求人情報が掲載された時に、メール等で届けてくれるサービスです。これは、自分の経験等を登録しておくと、企業側からスカウトがきます。

 

ですので、求人情報のアンテナを広く持つためには、そのような求人サイトへ事前に登録しておくことが効果的です。もちろん、スカウトだけを目的とするのではなく、情報収集です。新しい情報をキャッチすることが目的なので、押さえておくと後で慌てる必要がなくなりますよ♪

第三者の意見を聞く

転職活動する場合、自分で求人検索する以外に、一緒に転職先を探してくれるサービスがあります。これは、転職相談に乗ってくれるコンサルタント(エージェント)サービスです。このコンサルタントに自分のスキルや要望を伝えると、コンサルタントがあなたに該当する求人を探してくれるものです。

これを使うメリットは、

無料で紹介してもらえる。
・自分で求人を探す手間が省ける
・客観的に自分を評価してもらえる。
将来のロードマップの相談にのってもらえる。
・自分にマッチした職場を紹介してもらえる。

などがあります。

公開されているような一般求人とは異なり、非公開で私達が目に触れない求人も多数持っているエージェントがあるので、そのようなサービスを利用すると、効率的に探すことができますよ。

もし、自分にマッチしそうな企業を知りたい場合は、一度、相談してみましょう。ただ、求人を出している企業は、日々変動しています。だから、出来る限り情報は、入手できるようにしておいた方が有利です。

もし、転職活動をしていなかったら・・。

もし、あの時、気持ちの切り替えをせずに、ずっと残っていたら、僕の存在意義が薄れていく一方だったと思います。仕事の本当の楽しささえ味わうことなしに、日々の生活を淡々とこなすだけの魂が抜かれたような人間になっていたかもしれません。

 

でも、今は、転職という道を開いたお陰で、仕事も充実して毎日が楽しい日々を過ごさせてもらってます。仕事は、探して見つけるものだという意味が今更ながら、分ってきました。諦めてはダメですよ!最初は、めんどうだと思っていても、行動することで、全てが変わっていきます。

 

もちろん、挫折しそうにもなったこともありますが、1つ方向性を決めて、進むことです。まずは、最初の一歩を踏み出してみましょう。ここからは、そんな第一歩をサポートしてくれる人気の転職エージェントをご紹介します!

>>人気No1の転職エージェントはコチラ!

自分の道は手に職を付けたもの勝ちです。>>皆が嫌がる派遣はココ。だけど、人生は変わる!

 

転職後の今、毎日が充実している。仕事はもちろん忙しい。でも、楽しい忙しさだ。

 

今では、部門のプロジェクトリーダーだ。朝から上司に、期待しているよと声を掛けられ、ちょっと恥ずかしかった。こんな経験は、したことがなかった。

 

それも、自分に合っている仕事を見つけることが出来たからだ。最初は、どんな会社に転職しようかと迷っていたけど、転職エージェントに相談したことが最初の切っ掛けだったのかもしれない。

会社いらない

口コミ
仕事が楽しい!
会社では、自分の仕事が遅いためか、「お前は会社にいるな!」と言われ、自分の存在が薄れていく感じと、悔しさで一杯だでした。でも、転職エージェントに相談したことで少しずつ変わっていきました。今の職場では仲間も増え、仕事が楽しいです。

口コミ
早く帰れるようになった!
以前の職場では、毎日残業でゴミ扱いされてました。「辞めろ」みたいな言い方をされましたが、2ヶ月後には転職先が決まったので、過去の会社は卒業しました。今は、仕事のペースが合っているのか、早く帰れます!転職エージェントがなければ、知らないままだったかも。

口コミ
彼女とデートの時間も♪
仕事が遅くって、毎日くたくたでした。会社では、僕は周りからも無視されている状態でした。苦しい日々でした。でも、今の職場では、仕事が終わってから、たまに、彼女とデートする時間も取れます。全てが変わった感じがします。仕事にも熱が入りそうです!

会社から「いらない」と言われたことはないでしょうか。会社に毎日出勤して仕事はしているのに、正直、辛いですよね。ただ、言われたからといって、決して、自分を責める必要はないですよ。それよりも、まずは、前を向いて歩くことです。そして、自分をどう活かしていくかを考えていきましょう。

ただ、多くの人は行動に移せない・・それが現実です。
>>成功者は行動が早い

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-仕事辞めたい・辛い

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.