機械設計辛い

仕事辞めたい・辛い

機械設計が辛い!【上手くいく人・上手くいかない人の違いとは?】

投稿日:

機械設計が辛い

機械設計は、仕事に終わりがない、顧客や上司からの指示、作った後から気づいた失敗やミスなど、特に納期が重なったりすると、もう大変ですよね。正直、仕事を投げ出したくなることもあるのではないでしょうか。このサイトでは、機械設計という技術職の職場環境の視点からご紹介します。

機械設計とは?

機械設計は、普段身の回りにあるものから、大きな施設までなくてはならない存在です。例えば、スマホ、腕時計、自動車、航空機、造船、石油コンビナートも全て機械ですよね。機械設計は、大きく以下の4つの工程があります。
機械設計

設計の多くは、概念設計、基本設計、詳細設計、生産設計というステップを踏んでいきますが、特に最初の概念設計、基本設計は、顧客からのヒアリング・要望が反映されているかを把握する、一番コミュニケーションを必要とする部分です。そして、生産設計に向かうにつれ、細かな技術を必要とする工程になります。

 

特に、概念、基本設計は、ヒアリングした結果を、イメージしながら決めていく必要がありますよね。どんな素材を使っていくのか、部品は何を使うのか、技術や工法は何にするか、具体的にCADで設計し、アイディア出しなど・・。決めることが多いです。設計のお仕事は、納期や予算の中で、知識と経験を活かしながら、強度や安全面は大丈夫なのか、どこまで実現できるのかなど、様々なスキルが求められる世界なんですよね。

 

最初の工程で要望からズレたものを設計してしまうと、もう大変です。だから、次の工程に進む前に、ある程度、フィックスさせてから行っていきます。そうでないと、出直しが多くなってしまいますからね。特に、納期が近くスピードが要求されるような仕事は注意が必要ですよね。神経も使いますし、ミスせずにいくにはある程度の経験も必要です。

 

こんな時に、丸投げするような上司や会社は、気をつけないと痛い目にあいます・・。もちろん、忙しいのは分りますが、あまりに個人の力量を超えた仕事をさせる事は、成長どころか、やる気を失わせてしまいますよね。設計は、片手間でできるような仕事ではありません。

 

だからこそ、じっくりと取り組める職場が必要なんです。そして、機械設計のいい点は、自分で設計したものが、製品として世に出た時です。それが達成感でもあり、醍醐味でもありますよね。

機械設計者の働きやすい職場・働きにくい職場

働きやすさ

設計者にとって、職場の働きやすさは、自分の成長にも大きく関わってきます。なぜなら、成長は周りの環境に左右されるからです。働きやすい職場は、会社全体がある程度、仕組み化されています。言い方を変えると、仕事が整理されているのです。だから、設計業務に集中できますし、スキルアップにもつながっていくのです。

働きやすい職場

・適切な作業時間。
・能力に合った目標・課題。
・時間を確保したスケジュール。
・進捗状況が共有されている。
・作業指示が明確。
・専用工具が厳選されている。
・設計知識をサポートする仕組み。
・作業工数の見積のずれが少ない。
・チーム内の雰囲気が明かるい。
・作業に集中しやすい環境。
・力量を超えた仕事内容。
・スムーズに進められる。

働きにくい職場

・長時間作業。
・上司から厳しい目標に迫られる。
・時間の制約が厳しい。
・進捗状況が見えない。
・作業指示があいまい。
・専用工具が多すぎる。
・設計作業に不安が残る。
・作業工数の見積が甘い。
・チーム内の雰囲気が悪い。
・作業に集中できない。
・力量にあった仕事内容。
・中断、やり直し多い。

働きやすい職場と、働きにくい職場では、仕事の進め方だけではありません。実は、心理的な面も変わってきます。例えば、仕事への気持ちやモチベーション面も全く違うんですよね。この気持ち面で変わるだけも成長しやすくなります。また、人間関係も変わってくるんですよね。

 

逆に、どんなに優秀な能力を持っていたとしても、周りが忙しくて放置させられたり、仕事のスピードや失敗のミスばかり突っついてくる職場では、なかなか伸びません。個人によって変わりますが。ただ、組織としてうまく機能している会社は、上司や先輩もフォローや仕事の進め方も上手いです。組織全体で学ぶ仕組みになっています。

 

こういった職場で働くと、今同じ技術を持っていたとしても、2年後、3年後に差がついてきます。スキルを上げようと思わなくても、職場に慣れることがスキルアップに繋がるんですよね。また、そのような態勢を持っている会社は、自然にコミュニケーションも増えます。

 

人をどう育てるかは、会社によって決まります。有名な企業、年収が高い企業がいいとは限りません。私の友人も、部品設計の会社に勤めていましたが、働きやすい職場に変えました。最初に勤めていた頃と違い、全体設計までも出来るようになり、今では独立しています。これも、経験の積み方次第で、人は成長出来るのではないでしょうか。

転職した方が良い人悪い人

転職した方が良い人

転職をした方が良いか、悪いかの判断は、今後、自分がどうなりたいのか、どう変えていきたいのかによって変わってきます。

 

一番まずいのは、何も行動しないことです。辛いままで仕事を続け、自分の中で目標も夢もない中で仕事を続けていくとどうなるか?

 

気づいた時には、年齢的にもあがり、会社に居て給料をもらうことが目標になっていたなんてことになっていたら・・・。もう、こうなると、どこかで会社からは必要のない人間と言われてしまうかもしれません。

 

今、日本は少子化が進んでいて、労働人口は確実に減少していきます。労働人口が減っていくと、自然に日本全体の生産性は落ちていきます。そうならないために、今、国では、働き方改革で1人当たりの労働生産性を上げようと動いてます。つまり、これから、5年、10年先は、各個人のスキルが今まで以上に重視される時代へ移っていきます。

 

その中で、自分を活かす道を持っていないとどうなるか?今後、自分の社会的な立場、存在意義が薄れていきます。

 

そうならないためにも、転職した方が良い人は、今の仕事にしっくりこない方です。もちろん、今と同じ業界に転職するだけが全てではありません。他にも、業界は異なってもあなたを必要とする会社は、探せばみつかります。そのような広い視野で自分の可能性を広げるチャンスが転職活動にはあります。

 

もちろん、最終的に転職するかしないかは、内定が決まった後に考えてもいいですよね。働きやすさや給料など、比較して条件の良い方を取ればいいんです。

機械設計の求人の探し方

機械設計の求人の探し方

求人探しをする上で欠かせないのは、自分に合った職場を探すことです。とは言え、職場探しって、そんな簡単じゃありません。なぜなら、どこも同じようにしか見えないからです。例えば、スマホで求人検索すると、indeedやDODA、ハローワークなどが出てきます。これで、1つ1つチェックしていくと、いつまで経っても終わりませんよね。しかも、毎日、数百件単位で新着の求人で出てきます。

 

これは、目隠しした状態で、求人を探しているのと変わらないですよね。また、リンク先の求人の多くは、企業の採用ホームページですよね。企業サイトの多くは、基本的に応募要件しか書かれていません。また、掲載されている情報も、一般的なものです。

 

この状態で、企業へ応募すると、ほぼ書類通過しません。これを何社も繰り返していると、自信がなくなるばかりか、転職活動が時間のムダになってしまうんです。特に、普段仕事をしている中での活動となると、あまり多くの時間は取ってられないですよね。また、休日はゆっくり休みたいのが本心ではないでしょうか。

 

ですので、転職活動は、出来る限り、効率的に、時間を極力減らした方が、無理のない活動ができます。では、そんな方法があるのか?ですが、1つあります。それが、求人活動を自分全てでおこなうのではなく、専門の人に代行してもらう方法です。実は、この方法は、自分で探すより、ずっと高い確率で、あなたに合った職場を探し出してきてくれます。

 

なぜ、そのようなことが出来るには、理由があります。私達、転職活動のキホンは、情報収集ですよね。ネットや雑誌、電車の広告やハローワークなどで探すことが多いです。でも、これらの情報は、2次、3次情報なんですよね。でも、専門の人は、企業担当者から直接聞いてきます。どんな人材を求めているのかを・・・。

 

だから、マッチング率が高いんです。だから、やるべきことは、専門の人に経歴を提示し、要望を伝えるだけです。それだけで、企業からヒアリングした結果と突き合わせて、応募すべき求人を探し出してくれるのです。全て無料なので、使わない手はありません。この専門の人を転職エージェントといいます。

 

ここからは、設計だけでなく、あなたの適性を踏まえ、自分の道を活かすために必要た情報を提供してくれる転職エージェントを厳選してご紹介します!

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-仕事辞めたい・辛い

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.