職場でパワハラ。もう辞めたい

仕事辞めたい・辛い

職場でパワハラ。もう辞めたい!【会社都合で即日辞めたい。転職成功への道】

更新日:

職場でパワハラ。辞めたい

職場でパワハラがある。もう辞めたいと思ったことはないでしょうか。暴言により精神的に辛かったり、中には身体的な暴力的なことをする上司がいたりするかもしれません。(ただ、パワハラを利用した身体的な暴力は刑事訴訟も絡みます。)

このサイトでは、自分が受けているパワハラが、

  • 世間的に見て、パワハラがどの程度のレベルなのか?
  • 今後、どのように解決すれば良いのか?
  • 退職後の道はどうすれば良いのか?

をご紹介します。

パワハラ上司のパターン

身体的に威嚇する

提出書類に対し、「なんだコレは!テメーなめてんのか。」と書類を投げ捨てる。机をドンドン叩く。とにかく

精神的に攻撃する

業務とは関係のない、人格否定に入るタイプ。「キサマは、会社に何しにきてんだ。さっさと帰れ!小学生相手にしてる暇なんてねぇんだよ。」とクズ呼ばわりされる。

社内で孤立させる

社内のチームで対応しなければならない仕事が合った場合、一人だけ、何も仕事が与えられない、暇にさせるケース。また、歓迎会、懇親会にも自分だけが呼ばれない。チームそして、会社の中から完全に切り離されるケース。

終わらない仕事を与えられる

明らかに、作業量、ボリューム的に、決められた期日には終わらないと分っているものを押し付けてくる。自分の仕事以外の業務のため、全く帰宅すらできないことも。

プライベートに踏み込んでくる

権力を利用し、断れないと分っていながら、自分と帰りを強要、食事を誘う。連絡先を聞いてくる。休日に電話やラインが来る。嫌だと思っても、それを言葉に出来ない状況の中、従わざるを得ない環境を作っているケース。

パワハラから逃れるには?

パワハラを受けて、すぐにでも辞めたい・・・。でも、今の時代は、辞められます。

辞められないという「思い込み」パターン

・辞めさせてくれそうにない。
・仕事が見つからないかも。
・辞めると会社からの仕打ちが怖い。
・辞めた後も連絡がきそうで怖い。
・辞めたいけど、全て自分の責任だ。

↓ ↓ ↓

手順を踏めば、誰でも安心して退職は出来る。

 

必要なら、弁護士に頼むこともできます。相談の多くは無料なので、心配はいりません。また、今の職場を辞めることは、会社側が何と言おうとも、退職日の2週間前に退職届を提出すれば、自動的に退職できます。

ただ、気をつけなければならない点は、自己都合による退職ではなく、懲戒解雇に会社側が一方的に処理される可能性があることです。

 

その場合は、以下を参考にしてください。不利にならないためのノウハウをご紹介してます。

退職届
仕事を辞めさせてくれない!うつな私【必ず成功する攻略手順書】

参考会社が辛い3年目のあたなへ【軌道修正しませんか】 仕事を辞めさせてくれない!もう、今の仕事は精神的にも辛いし、続けるほどうつ状態になる。なんてことはないでしょうか。このサイトでは、どうすれば退職で ...

続きを見る

 

また、よくあるのが、今の仕事を退職してしまったら、仕事が見つからないのでは?という不安です。例えば、上司から「お前が辞めても誰も雇ってくれない」といった場合に、それを真に受けてしまうのです。

 

上司の言っていることが絶対だと思い込まされると、辞めることすら不安になってくるのです。判断が自分ではなく、他人や会社に依存している証拠です。

 

転職は可能です。上司や会社は関係ありません。どうしても、転職ができるか不安な場合は、こちらを参考にしてみてくださいね♪

転職先が決まらない
転職先が決まらないのに退職!【焦りや不安を感じた時にみるサイト】

目次1 転職先が決まらないのに退職1.1 仕事の見つけ方1.2 チャレンジしない事はリスク1.3 切り開く本当の意味1.4 仕事を通じて人は変わる 転職先が決まらないのに退職   転職先が決 ...

続きを見る

 

パワハラとは?

いじめやパワハラは、法律上は定義がありません。ですので、法律上は、「人格権」が侵害されているかどうかで判断されます。

 

とは言え、職場でパワーハラスメントという言葉は人によってとらえ方や認識違いや、業務上の指導との線引きが難しいですよね。そこで、開かれたのが「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」(国と関連機関)です。

 

この会議で、パワーハラスメントの共通認識が決まったんです。

職場のパワーハラスメントの定義
職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
引用:あかるい職場応援団(厚生労働省委託事業)

ここからは、その具体的なパワハラの内容とパワハラに該当するケース、該当しないケースをご紹介します。あかるい職場応援団のサイトが参考になりますので、チェックしておくと参考になりますよ。

パワハラに該当するケース・しないケース

パワハラ(精神的な攻撃)

パワハラ(過大な要求)

 

パワハラと指導の線引きは、厚労省が判断基準を示しています。

1.優越的な関係に基づいて行われる。
2.業務の適正な範囲を超えている。
3.身体的・精神的な苦痛を与える。
引用元:日経新聞 パワハラと「指導」の線引きは? 厚労省が判断基準

パワハラの我慢はダメ

パワハラやパワハラまでいかなくても、精神的に負荷が重なると、多くはうつ病などの精神障害になります。人の性格や業務内容にもよりますが、以下のケースの場合は、辞めることも1つの選択肢に入れましょう。

・会社の経営に影響するなど重大なミスをした。
・上司とのトラブルがあった。
・仕事内容・仕事量の大きな変化を生じさせる出来事があった。
・1ヶ月に80時間以上の残業をした。
・配置転換があった。
・ひどい嫌がらせ、暴行があった。
・心理的負荷が極度な出来事があった。

この上記の項目は、精神障害になり、自殺された方が特に多い原因です。(平成27年度の精神障害の出来事の決定件数の内、10件を超えるものを抜粋。)

 

このまま放置して、辞めることすら思考できなくなる前に、将来の行動を決めていく必要があります。

どこに相談する?

パワハラを相談するとき、どこに相談すべきか悩むこともあるのではないでしょうか。

労働基準監督署

労働基準監督署は、パワハラなどの問題を解決してくれる駆け込み寺と思い浮かべることもあるかと思います。確かに、監督署は、基本的に労働基準法に明確に記載されているものは、対応してくれます。

ただ、パワハラは労働基準法ではなく、事実の認定や解釈を伴うため、単純には監督署も踏み込むことができないんです。ですので、実際には、労働審判あるいは民事訴訟といった対応が一般的です。

弁護士に相談する

弁護士というと、幾らお金が掛かるのか?そんな大金はないと諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。実は、弁護士にもパワハラ問題の経験が豊富な弁護士と経験の浅い弁護士がいます。

 

同じ相談であっても、経験によって費用も対処方法も全く違います。なので、どこで、その弁護士を探すかが大事なんです。おすすめは、全国対応でどの弁護士に依頼すれば良いのか無料で紹介してくれるサービスです。

 

実際に掛かる費用やどのような進め方をしていけば良いか確認しておきましょう!2社登録しておくと、比較もしやすいですよ。

【無料】弁護士を紹介してくれるサイト

日本法規情報 パワハラで実績のある弁護士を紹介してもらえるサービス 詳細
相談サポート 全国の弁護士を検索しながら探すことができる。 詳細

 

転職もあっていい

転職は、一番簡単な解決方法の1つです。特に、パワハラが横行しているような職場は、会社全体も風土というか何か殺伐した雰囲気があります。

企業には、それぞれ働く上で価値観があります。ですので、その会社での常識が他の会社では通じないのです。例えば、残業が当たり前の会社もあれば、定時で早く帰ることが当たり前の会社もあります。

職場を変えるメリットは、そういったパワハラで過ごしてきた当たり前の常識を変えることが出来る点です。当然、仕事に対する取り組み方やモチベーションも変わりますよね。

ここからは、転職先を決めるにあたって、仕事がしやすい環境の職場を見つけることのできる転職相談サイトをご紹介します。転職エージェントは、企業側の雰囲気、過去に入社した方の情報把握など、業界全体の流れも押さえています。

このような情報は、通常の求人検索では得られない情報ばかりです。ぜひ、一度は、在職中に相談してみてくださいね!

転職支援サイトランキング

ここからは、人気の転職支援サイトをご紹介します。自分を活かす仕事を探すためにも、無料のサービスは使っておきましょう! ※年齢別に登録できるサイトは異なりますので、ご注意ください。

20代限定!

ポイント マイナビグループの中でも20代に特化した専門のサイトです。 適職診断、面接対策、書類の書き方、企業との交渉などもお任せできます。特に20代で初めて転職する方は、このようなサービスを使っておくと、就業中であっても適した企業が見つかります。ぜひ、登録しておきましょう!
チェック項目 内容
価格 無料 0円
評価
備考 企業とのパイプも幅広く、仕事探しには欠かせないサイト

 

24歳~49歳までの方限定

ポイント 求人案件数は、国内でもトップクラスの転職エージェントです。営業から技術職、事務職までカバーしています。3万件ある優良企業の中から自分に合った会社を選んでくれるため、失敗も少ないはずです。 対象の地域は、関東、関西、東海に在住の方限定のサービスです。
 

25歳~45歳までの方ですぐに仕事を見つけたい方

ポイント 日本の製造業を支える仕事です。ここに登録し、就職先が決まると、お祝い金がもらえることもあります。また、寮費が無料など、希望の条件に合った求人が比較的見つけやすいですよ。まずは、すぐに仕事を見つけたい方は、ココから直接応募しましょう。
 

転職エージェントの口コミ

仕事が楽しい!

転職は、今回で3回目でしたが、自分でやりたい仕事が見つかりました。転職支援サービスを使ったお陰で、面接対策や自己PRのポイントが掴めたのも良かったと思ってます。今は仕事が楽しいですね。

相談をしておいて良かった

転職するかどうか迷っていた段階から、転職支援サイトには登録しておきました。それが良かったのか、しばらくして希望していた内容で募集があることを教えてもらい、それがきっかけでキャリアチェンジしました!

給料も上がり早く知っておけば

毎日、仕事も遅く、自宅と会社の往復の日々でした。10年以上勤めていた会社だったので、転職には勇気が必要でした。もし、転職していなければ、安い給料のままだったかもしれません。今は休日は家族で過ごす時間を楽しでます!
>>人気の転職支援サイトはコチラから!   ※退職できない場合は、プロの退職代行サービス。知っているかもしれませが、結構人気ですね♪  

転職以前に、スキルがないと思っている方へ

転職活動をはじめようと、転職エージェントに相談しても、以下を感じている方がいるかもしれません。
・なかなか思ったような優良企業を紹介してもらえない。 ・そもそも実力もゼロ ・何をしたら良いのか分からない。 ・相談する勇気が湧かない。 ・早く会社は辞めたい ・将来も今の仕事を続けても意味がない。 ・自分にスキルが欲しい。
この場合は、ゼロから専門職を目指すスキルアップがおすすめです。 ただ、今必要とされている専門職は、プログラミングです。 もちろん、飲食・レジャー・営業職などを希望している方もプラスアルファでプログラミング力が就くと相当強みになるでしょう。 なぜなら、どの業界でも、AIやIoTを始め、将来的に益々需要の高まるお仕事が沢山あるからです。 プログラミング知識・技術者はまだ不足しています。 もし、やる気、気持ちがあるのであれば、 以下が一押しです。 >>TECH::EXPERT 年齢層は、20代から30代が中心、40代の方もいます。 期間は10週間 or 6ヶ月のトレーニング。 転職率:99%(大手採用多い) ※転職できなければ、全額返金あり。 ■デメリット 費用が月々3万円かかります。 これを自己投資と考えられる方だけ参加しましょう。 どうしても、転職エージェントが見つからない。 断られた方、実力をゼロから付けたい方限定です。 ※費用は掛かるため、全員におすすめはしません。 未経験から最短でエンジニア転職を目指す方はコチラ 

人気の記事

20代転職エージェントランキング 1

目次1 20代に人気の転職エージェントサイト1.1 ジェイック1.2 ヒューレックス1.3 マイナビジョブ20's1.4 ハタラクティブ1.5 就職Shop1.6 キャリアスタート1.7 転職エージェ ...

正社員になりたい 20代 30代 2

目次1 (1)フリーター・派遣でいることの8つのデメリット1.1 1-1. 収入が安定しない1.2 1-2. 社会的な信頼がない1.3 1-3. 一生仕事探しをしなければならない1.4 1-4. スキ ...

-仕事辞めたい・辛い

Copyright© 職場の窓口xyz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.